猫好き俳優 東正実の またたび☆

俳優 東正実の東南アジア旅

戦場に架ける橋への試練

 

朝、スッキリと目覚めた僕は、シャワーを浴びてから、早朝の気持ちのいいバンコクを ツアー会社へと向かっていた。

 

昨日、タクシーで寝てしまった僕は、宿の近くで運転手に起こされ、無事 部屋へと辿り着いていた。

そして、暑さに慣れたのか?

クーラー無しの部屋で僕は、不思議なくらい ぐっすりと眠れていた。

朝の日差しで目覚めた僕は、スッキリとした頭で、小さなリュックに荷物を詰め、出掛けていた。

 

早朝のカオサン通りを抜けて、まずはツアー会社に向かう。

夜の喧騒とは裏腹に、シャッターの閉まった通りは、人影はほとんどなく、出ていた屋台なども姿を消している。ガランとした、ゴミだらけの通りを、真っ直ぐに抜けていく。

 

早朝に、カオサン通りに来るのは初めてであるが、ここまで夜とギャップがある事に、ある種の寂しさを感じてしまうが、この " お祭りの後" の様な寂しさが、僕は結構好きだった。

 

カオサンを抜けてしばらく歩き、やがてツアー会社前に着いた。今日はここに7時集合である。

時計を見ると、6:50である。

まっている間に、建物の間をふと見ると、可愛らしい三毛猫さんがいた。

首輪をしているのでどこかの飼い猫さんだろう。迎えの人が来るまでに、この美人さんと ひとときを過ごす事にした。

 いい猫(こ)だねぇ〜。 綺麗だねぇ〜。

 暑いよね〜、お水飲んでる??

と「岩合さんシステム」を真似した、下手くそなナンパの様なやり方で話しかけると、

「にゃー。」と返事をしてくれる。

挨拶の為に、ゆっくりと瞬きをすると、向こうも瞬きを返してくれる。

 嗚呼。。しあわせ〜。

と心から癒される。。

 

この娘さんは優しいおっとりさんで、撫で撫でさせてくれた。

時間を忘れるくらい三毛さんに夢中になっていると、ふと視線を感じた。

スクーターに跨った、40前のタイ人女性が、僕を冷ややかに見下ろしていた。

 

「ええと…何か?」と話しかけると、

「ツアーに行かれる方ですよね?

 もう行ってもいいですか?」

と言われる。

時計を見ると、もう7時を数分過ぎている。

どうやら僕は、しばらく前から彼女に観察されていたらしい。。

 

「ああ〜、可愛いねぇ〜❤️」とか、

「いい娘だねぇ。。あ"〜、ここだね〜。

 ここ気持ちいいねぇ。」とか

「美人さんだねぇ。綺麗だねぇ〜💕

 タイのオードリーさんだねぇ。」

 

と完全にメロメロに、おかしくなっていた僕の、一部始終を ずっと見られていた様だ(^_^;)

 

少し引き攣った顔の彼女に、全てを察した僕だったが、何事もなかったかの様に、強がって見せた。

「あ、はい。 大丈夫です。

 いやぁ〜!この猫さん可愛いですよねぇ〜!

 いやぁ! こんな綺麗な猫さん!

 日本でも見たことありませんよ!

 ガハハハハ! あ、えーと、お願いします。

 ぜひとも、しゅっぱつで。」

と顔を真っ赤にしながら、そう言い張る僕に彼女は、ちょっと笑い出し、

「乗って下さい。」とスクーターの後ろを指差した。その笑顔を見ると、とても良い人そうだが、、

(んん?  原チャリに、乗って下さい…

 とな?  うん。。  ええと… (^_^;)?

 スクーターに2ケツで乗っていくという。

 そんなツアーなど存在するのだろうか…?)

そう僕は 一瞬真剣に考えた。

そして、ツアー会社の店長さんの顔を思い出してみた。

そして、(そんな訳、ないハズだ!)と思い直した。

やはり、安心感のある人で、日本の人に組んでもらったツアーである。そこに対しての信頼感はやはり揺るがない。

 

ホーチミンから、カンボジアに、ツアーバスで陸路から入った経験もある僕は、その時の事を思い出して、

(彼女は ツアーバスの待ち合わせ場所まで、

 原チャリで送ってくれるだけに違いない…)

と過去の経験から、そう思い直していた。

 

何事も、一度自分でパニックになった経験が、本人を成長させ、冷静に対応させてくれる。

旅人が、経験値によってどんどんレベルアップしていく所は、ドラゴンクエストの様な RPG に似ているのかもしれない。

 

そんな僕は、自分のレベルがいくつかも分からないまま、カオサンロードに連れて行かれた。

そう。。何故か来る時にも通った カオサンロードに戻ってきたのである。

原チャリなので、2分で着いた。

僕の他にも観光客らしき旅人が、そこかしこにいる。

どうやら ここカオサンロードは、朝はツアーバスの待ち合わせ場所になっている様だ。

たしかに出店も、人もほとんどいないここは、待機するには最高の場所へと変貌していた。

カオサンロードの、もう一つの顔の様だ。

 

最初は、

(ここで待ち合わせなら、

 最初からここでええやん??)

と思ったが、結構長いカオサン通りであるし、色々なツアー会社がひっきりなしに来るので、一人で来ていたら、自分のツアーに参加するのは難易度が高そうだ。

早起きして、スタッフに連れて来て貰うのが 正解だと、途中から確信した。

「7時半に迎えが来ますので。」

というので、2人して半までじっと待つ。

目の前では、色々なワゴン車に、僕と同じ様に道端に佇んでいる観光客が、次々と乗り、出発していく。

流石に道幅的に、大型バスは入ってこれないので、僕のツアーバスも、ワゴン車である事が想像できた。

 僕も彼女もじっと待つ。

 皆を見送りながら待つ。

 少し話をしながら待つ。。

 その会話が終わり、また黙って待つ。

 

そんなことを何度も繰り返したが、待てど暮らせどバスが来ない、、周りにいた他のツアー客達も、ほぼいなくなっていた。

彼女に聞いてみても、

「待てば 来るはずだ。」の一点張りだ。

ふと時計を見ると、もう8時を過ぎている。

そして 流石に彼女も ソワソワし出した。

眠気もあり、待ち疲れてきた僕は、

(おいおい… これなら7時前に来なくても

 良かったし、もっと寝れたじゃんか。。)

と思わず心の中で毒づいた。

 やれやれ。。本当に来るのかしら?

 さすがに中止じゃないよな(~_~;)

とぶつぶつ言っている時に事件は起きた。

 

しばらくどこかに電話していた彼女が、電話が終わるなり、ツアーのペラ紙チケットを僕に渡して、

「ワタシはもう行かなければならない。

 ここで待っていれば大丈夫だから。」

と言い出したのだ。

「えええ? ちょっと待ってよ!

 さすがにそれだと無理だよ!」

と食い下がったが、彼女に、

「用事があって、どうしてもこれ以上は

 待つ事ができないの。ごめんなさい。。

 電話で聞いたから本当に大丈夫!

 絶対に迎えにきてくれるから!!」

と言って彼女は僕を残し、スクーターにまたがり、砂ぼこりをあげながら、猛スピードで走り去った。

(マジかよ?! つーか、どうすんの?)

ガランと空いている歩道に取り残された僕は、呆然とペラ紙を見つめていた。

 

それからも2台ほどワゴン車が来たり、セダンタイプのツアーバス?がやってきた。

来るたびに、僕のツアーであるかを確認する。

しかし、穴が開く程 ペラ紙を見られた後、

「違う。 ウチじゃない。」

と言われる。

そんな事を何回か繰り返した後、僕はやさぐれていた。

クアラルンプール国際空港で、マラッカ行きのバスを探していた時のトラウマが、蘇って来てさえいた僕は、

 もう… 。ツアーバスなど必死に探さずに、

 このまま宿にかえったろうかしら?!

と、そう本気でそう思い始めていた。

 

カオサンロードに来てから… というか、このタイ王国に来てから 一番心細くなっていた僕は、

(もう 全てを投げ出して宿に帰りたい。。)

という欲求と必死に戦いながら、歯を食いしばって、

「絶対に迎えに来てくれる!!」

はずのツアーバスを必死に待っていた。

 

つづく

 

f:id:matatabihaiyuu:20220712183510j:image

↑ 美人な三毛猫さん 💕

 (この時まではウキウキであった。。)

 

f:id:matatabihaiyuu:20220712183456j:image

↑ カオサンロードを彷徨う僕(イメージ)

f:id:matatabihaiyuu:20220712193524j:image

↑ 僕の目指す「戦場に架ける橋」

     出発すらできていないが…

 

 一体 どうなるんだろうか…

 

次話

azumamasami.hatenablog.com