猫好き俳優 東正実の またたび☆

俳優 東正実の東南アジア旅

香港とストリートライブ

 

宿に帰る前に、マッサージで熟睡した僕はお腹が空いていた。。

 

宿に戻る道すがら、中華屋の様なお店を見つけた。店先では肉まんを売っている。

(おお、、中華だ。。美味そう。)

可愛らしい女性店員さんに、肉まんを一切れ試食させてもらったところ、美味しかったので、店にも入ってみる事にした。

 

店の名前は「香港面 ~Hong Kong Noodle~」というお店だった。

席に座って値段を見ると、まあまあな値段だが、高すぎるわけでは無い。

安いヌードルもある。

僕はシンガポール料理でよく見る、チャーシュー入りのワンタンミーを頼む事にした。

これは焼きそばの様な麺に、味付け用の汁、ワンタンが乗り、チンゲン菜、赤い縁取りのチャーシューが乗っている。

見るからに美味そうな 一皿で、他の料理より安かった。

さっき美味しかった、肉まんも1つ頼む。

 

やがてきた ワンタンミーのワンタンを早速食べる。

 ワンターレン  うまうま。。

ジュワッと肉の旨みがダイレクトに舌を刺激する。麺もかき込む!

 ブホォ!! ぶふぉあぁああーー!!

麺に絶妙に絡む、味付けの汁とのハーモニーに僕は、バキュームマンと化し、ひたすら麺を吸い取っていった。。

途中で来た、ふわふわの肉まんで休憩する。

(落ち着け、、落ち着け俺。。

 美味いからと、勢いだけで食べると、

 あっという間に無くなるぞ!!)

 

そんな僕に、肉まんさんは容赦が無い。

 ふぉわあぁぁあ〜〜〜!!

 肉まんパラダイスぅ〜!!

 うまうま〜。肉マンチェスター〜。

 ユナイテッド!!!

 

肉まんの旨味が僕を叱咤激励する。

 旨さの ツアー会社に申し込んだで〜〜!!!

明日のツアーより先に僕は、この旨味のツアーに のたうち回っていた。。

 

それにしても、チェーン店?? と舐めてかかったこの店。。旨すぎるやろ??!!

僕はどこの国がやってるのかもわからない、香港面(麺では無く面と書いてある)に 驚愕し、涎を垂らして のめり込んでいた。

 

カンボジアシェムリアップで食べた

「究極のチャーハン」と戦える、唯一無二のお店であった!

恐るべし! タイラント!! である!

 

大満足した僕は、一休みしようと宿に向かった。

宿の共用スペースで、少しゆったりとしていると、なんちゃんが路上ライブに行こうと誘ってくれた。

どうやら 今から路上ライブに行くらしい。

昨日の約束を覚えていてくれ、誘ってくれたなんちゃんと一緒に、とりあえず再びカオサンロードに向かう。

 

まだ明るいカオサンロードは、これから夕方になろうとしていて、人が増え始めていた。

ギターケースを片手にカオサンの入り口から少し入ったあたりで、準備を始めようとした時、タトゥーを両手にびっしり入れた、

映画「ファイトクラブ」の時のブラット・ピッド位の、強そうな細マッチョの白人さんが、急に話しかけてきた。

彼はなおちゃんに、

「ここはダメだ、ここでは演奏するな!」

と英語で言っている。

(こわぁ。。な、なに〜😢  何かしました?)と僕がビビっていると、彼は続けて

「ここは、すぐにポリスが来るから、

 違う所にした方がいい。

 昨日もすぐにポリスが来たからね。」

と、わざわざ親切に、タイポリス情報を教えてくれた。

ざるざるのタイラントのクセに、意外と路上ライブにはうるさいらしいのだ?!

 

そして、どうやらカオサンロードには、人種差別などは存在せず、ただ、

「俺たちは同じ 旅人だろ?」

という仲間意識が働いているらしい。

なんちゃんは、慣れたもので、素敵な笑顔で、

「サンキュー! じゃあ、他の所探すよ!」

と言うと、そのブラピさんが、先頭に立って、カオサンの奥の方に案内してくれ、

「ここなら、たぶん大丈夫だよ?」

と言って、そのまま去って行った。

 

彼は、白のランニングに、短パンという、何も持たない主義の様な、暇を持て余している旅人の様に見えたが、当然のように、僕らに親切にしてくれた。

カオサンロードの真髄に触れたような経験だった。

(やはり、ここは、旅人たちの、、

 バックパッカーの 交差点なのだ…)

僕は改めてこのバックパッカーの聖地」という地名に、嘘偽りはなし!!と、感動していた。

実は最初は、

(ヤバめのジャンキーっぽい人が、

 結構な勢いで、話しかけてきた。。😢)

と泣きそうだったのだが、カオサンの懐は僕が思う数十倍は広いのだろう。

 

教えて貰った道路でなんちゃんは、慣れた様子で、ギターケースをあけ、スケッチブックを立てかける。そこには、

「日本人です!今、歌を歌いながら、

 世界を回ってます! 少しでも良いので

 助けて貰えると嬉しいです!」

という様な文言が英語で書いてあった。

 

それを見て、僕は感心していた。

(なるほどー! 日本人で、この文言か!

 確かに日本好きな人なら、

 素直に応援したくなるなぁ…)

と、僕ですらお金を入れたくなったのだ。

「日本人です!」という所に、何かパワーワードというか、日本人の強みを感じる。

 

僕は呼び水の役割を果たすであろう、100バーツを早速ギターケースに入れた。

こんな面白い事に誘ってくれたお礼を兼ね、また、先日奢ってもらったお返しも兼ねてだ。

 

知り合いの路上ライブを見るのは、マラッカのジョン以来だ。

なんちゃんも、ジョンと同じでハーモニカも駆使して、ギターと音楽を奏でていく。

本当のプロのミュージシャンの知り合いも多い僕だから、彼らと比べてはしまうが、技術というより、味があって、とても良い歌声だった。

人柄が歌声に出ていて、いつまでも聴いてられる。

 本来、芝居も こうあるべきなんだよなぁ。。

と思いながら僕は、魅力的な なんちゃんの歌声を聴いていた。

 

途中で色々な観光客や、バックパッカーが、足を止めて、日本の歌を聴き、お金も入れてくれる。僕に話しかけてくる旅人には僕が、

「今日たまたま僕も聴いています。

 いいっすよねー!!」

という体でアシストする。

僕の即興の役者スキルも、大発動である 笑

 

みるみる間に、お金は溜まっていく。

聴いてる人も、お金を入れてくれる人も皆笑顔で本当にいい空間だ。

僕は改めてなんちゃんの人間力というか、魅力に感心していた。

 

上を向いて歩こうや、イエスタデイ、たまたま歩いていた日本人からのリクエストの尾崎豊など、彼は楽しそうに歌っていく。

僕にとっても楽しく、最高の時間だった。

 

ストリートライブが佳境に差し掛かったあたりで、ポリスが来た。

タイポリスが見回る時間の様だ。

彼らは映画などで見る、高圧的なアメリカのポリスとは違い、やんわりと

「ダメダメよー。やめてね。ダメなんだからね」

と 全く高圧的な素振りは見せずに、中止を勧告してきた。

なんちゃんは「おー、ソーリー」と言いながら、ギターなどをしまって、手早く店じまいした。

それは惚れ惚れするほどの手際であった。

 

「ズマさん、今日はここまでっスね。」

と 僕にウインクをし、あっさりと諦めたなんちゃんと僕は、一緒にカオサンロードを後にした。

 

隣の通りの、例の彼行きつけの居酒屋に入り、軽く呑んだ。

なんちゃんがいうには、数年前にカオサンにきた時は、こんなにうるさくなかったという。

何事も諸行無常で、移り変わっていくらしい。

 

「ズマさんのお陰で結構稼げたんで、

 ここはまた、奢りますよ!」

という彼に、僕の方が年上で、前も奢って貰っている手前、丁重にお断りして、割り勘にした。

 

何にせよ、彼のライブの打ち上げである。

この気のいい若者は、いつか外国でラーメン屋を出すのが夢だという。

日本の有名なラーメン屋さんで3年ほど働いていた事があるのだと聞いた。

 

確かに接客のいいラーメン屋の店員の様な、気の良さと、粋な感じが彼にはあったので、僕は妙に納得していた。

 

(しかし、彼は、、いや、宿にいる人も含め

 彼らはいつまで旅を続けるんだろうか?

 終わりはあるのだろうか??)

 

自分の旅の終わりもわからない僕だが、流石に、4、5年は旅を続けないだろう。。

自分の事をほったらかして僕は、

 日本に帰った時 どうするんだろう??

と 勝手に彼らの今後を 少し心配していた。

 

彼らからしたら本当に大きなお世話なのだろうが…

 

続く。


f:id:matatabihaiyuu:20220620120321j:image

↑ まだ明るいカオサンロード


f:id:matatabihaiyuu:20220620003123j:image
f:id:matatabihaiyuu:20220620003129j:image

↑ なんちゃんの路上ライブ!!

     最高のライブだった!

 

f:id:matatabihaiyuu:20220629173108j:image

↑ 香港面 何を食ってもうまい!

 カレーラーメンの様なものも抜群だった!

 ただ… 店員さんのやる気は MAXで無い 笑

 

 

次話

azumamasami.hatenablog.com