猫好き俳優 東正実の またたび☆

俳優 東正実の東南アジア旅

ベトナムで「路地部」という名の部活動

 

第56話

ベトナムで「路地部」という名の部活動

 

僕は日本で仲の良い役者と

「路地部」と言う地味な部活動をしている。

ようは暇な時に、俳優仲間や 1人で、初めて通る 細い路地裏を歩く事を楽しむ部活動である。

 

路地には猫さんもいる。なので猫好きには大切な活動でもあるのだ。

 

僕は待ち合わせ場所のカフェから離れて、ぶらぶらと歩き始めた。

大通りから離れると、やはり色々発見もあるし楽しい。

 

しばらく歩くと、驚愕の光景が向こうからやってきた。

バイクの後ろに、綿なのか何なのか、とても軽いのだろうが、70センチ四方の、薄手の紙段ボールの箱状のものを

横に3箱✖️縦に4箱✖️高さ4箱という。。

とんでもない高さで積み上げたおじさんを見た。

つまり横 2.1m✖️奥行き 2.8m✖️高さ 3.5m

(うち0.7mはバイクの高さ)のデカさだ。

もう見た目は、3メートル以上の箱付きトラックにしか見えない

それを "スーパーカブ" で慎重に運転していた。

凄いバランスで積んであるし、凄いバランス感覚である。。

ここまでくると、危ない  とかを通り越した、

「ここまでは積んで大丈夫」という、きっと何回か失敗をして会得したであろう "神業" である

およそ日本では見る事はできない。

   " 物凄いものを見た。。"

と感心しながら、歩いていると 左手に

笑顔の素敵な 30代前半の女性がやっている、お洒落な「バインミー屋さん」があった。

バインミーとは、小さめのフランスパンで作るサンドイッチである。

中に、香草や野菜、ツナ、お肉なども挟む 中々ボリュームのありそうなもので、ここは数種類から選べる様だ。

イートインも中にある。

「どうぞ〜」と笑顔で言われたら、入らざるを得ない。。

僕はバインミーは「なんか堅そうだな?」と思い。さらには屋台がほとんどなので、暑い中 常温で置いてある具材が少し怖くて、何となく避けていた。つまり、食べたことが無かったのである。

ここはクーラーがよく効いている店内なので具材も痛まないだろうと思い、この機会に 食べてみる事にした。

また、ここに決めた理由は、屋台では無いので、珍しくビールも置いてあったからである。

お店に入り、女性にお店のおすすめを聞き、素直にそれを注文した。

 " 初心者は 経験者に聞け!"  である。

「それから、ビールも!」と頼むと

「はーい!」と元気よく返事をしてくれた。

たまにはカールスバーグを飲む事にした。

稽古があるが、まだまだ後だ。

日本では稽古前には絶対飲まないが、ここはアジアだ。普段やらない事をやるのも また旅の醍醐味である。

そう言い訳をしながら、ビールを飲んだ。

 …う、うまい!!

暑い中 暫く歩いて飲むビールは格別だ。

酔わないように、チェイサーの冷たいお茶も こまめに飲む。

やがてすぐバインミーがきた。

鶏肉のバラしたものや、味付けした人参と 大根?の千切りや、野菜などでボリューム満点だ。オレンジ色のソースがかかり、食欲をそそる。。しかも130円と、安い。

僕は早速かぶりついた。

 う、うまーい、う ウマぁ、うま馬うま〜い。

と僕は 今度は馬になった。

ビールを飲むと、バッチリあう!!

「僕は こんな美味しいものを

 今まで 食べていなかったのか??」

とここまでの自分が間抜けに思え、自分自身から卒業したくなった。。

 

とにかくもの凄い相性だ。

近いものといえば、新幹線で、カツサンドをツマミにビールを呑んでいる感覚に近い!!

 

しかもここは涼しい。。天国だ。。

「路地部」でなければ見つけられないであろうお店を見つけ、大満足だった。

もう十分散歩した僕は、少し早めに待ち合わせ場所のカフェに戻った。

ここは、縦に狭い小さめの木造のカフェで、若者が多い、少しマニアックなカフェだった。何か文学的な雰囲気がある。

 

僕はこの、縦長のオープンなカフェでユンさんを待っていた。

ふと、店員さんをみると、、あれ?

 …宮崎あおいさんがいる??

僕は 宮崎あおいさんの大ファンである。

見れば見るほどよく似ている。。

 

べ、ベトナム宮崎あおいさんだ!!

 

と僕は彼女から、目が離せなくなっていた。

 

読んでくださる方の中には、前々から僕に対して、女性のがどうの、天使だ、人魚だ、宮崎あおいさんだ。と大騒ぎばかりしているな…?

 女性ばかりみているな?

と思う方もいると思います。

 

それは何故か?!

お答えしましょう!!

 

ずばり ” 暇 ” だからです!! 笑

 

というのは半分冗談で、半分本当です。

日本にいると、感じてるようで感じてない。

受け取っているようで受け取っていない。

日々忙しさと情報に流されて、ちゃんと目の前の事に反応していないのです。

 

日本では、忙しいのもあるし、何かフィルターがかかっていて、綺麗な人を見ても、

「あ、綺麗な人だなぁ。。」とか

「可愛い人だなぁ。。」とかで終わるというか、そこまで心が動かない。

本能が弱っているのか、そんな時間はないのか、、それとも次々と押し寄せる情報に押し流されるのか。。

特に重要な事ではなかった。

 

しかし、時間があり、人と触れ合いながら旅をしていると、やはり、人をよく見るし、人をより感じるものです。

そうすると、やはり 女性は美しいなぁ とか、

可愛らしいなぁ と改めて深く感じる。

 

自分の感覚に素直に反応している内に、

日本人の僕にも、なんといゆうか、ジローラモさんほどの達人ではないにしろ、イタリア人的な感覚が、旅をしている内に段々分かってきたんです。

彼らが、女性にいちいち反応するのも、人生を楽しんでいるからだし、生きる上で余裕があるからなんだと。

なので僕も、日本にいる時より はるかに、心が動くのです。

 

この事を実感として手に入れただけでも、僕は、俳優としても 男としても少し成長している気がしていた。

 

本能が呼び覚まされる旅をしながら、この東南アジアの男女を見ていても、何か世界の真理のような物を肌で感じる。

 

これは僕が、旅の間に勝手に感じている事なので、ただただ僕の実感でしかないのだが…

 

僕は「シェイクスピア戯曲」は、全作品を 一応読んでいるし、岸田國士さんの、男女の機微を描いた 日本的なお芝居も好きだ。

日本にいるときには戯曲もそうだし、

世の中には、なんでこんなに、少女漫画も、少年誌のラブコメも、月9も 映画も、舞台も、小説も、

男と女が、くっついただ、離れただ。

恋だ、愛だ、不倫だ、近松が心中だ!!

と、大騒ぎしているのか?

未熟な僕には、そこまでよく解らなかった。。

 

しかし、一人でアジアを回っているうちに、少しだけ "物語" の真理に近づけた気がする。

この世の「ストーリー(物語)」はほぼ全てが男と女で描かれている理由に、妙に納得出来たからだ。

 

とにかく、アジアにいると、感じとる力がアップして、極彩色に世界が見える。

 

それは、例えていうなら、二、三年使ったスマホの画面の、保護フィルターを剥がした時に感じる、元の画面の美しさ 綺麗さに似ている。

 

 それほど世界が違って見える。

 

この旅の中で僕は

この  ”物語(ストーリー)” という 俳優にとっての命とでも言うべきものの根幹に、少しだけ近付いている気がしていた。

 

そんな事を感じながら僕は、コーヒー片手に、

楽しそうに他の店員さんと話す宮崎さんを、

「美しいなぁ。。」と、心から素直に眺めていたのだった。

 

続く。

 

f:id:matatabihaiyuu:20210311221939j:image

↑ 散歩で見つけた謎の建造物。

 たぶん、貯水タンクだと思う。。

 

f:id:matatabihaiyuu:20210311221933j:image

↑ 日本にいる時から信じている

     熱中症対策には、牛乳!!(ベトナム版)

 

 

次話

azumamasami.hatenablog.com