猫好き俳優 東正実の またたび☆

俳優 東正実の東南アジア旅

お風呂の栓で揉める… 事が人生にはあるらしい。

 

ハノイの街の北側をぐるっと周った僕は、大分北側まで行き、無事タクシーを捕まえて、宿に帰ってきた。

 

Googleマップの住所を見せると、宿にピタリとつけてくれた。

そして、お代も200円程で、バスよりは高いが、よく考えると かなり安い。

早くタクシーを使えば良かったと思うが、それはそれである。

中二階にある、少し広めのシングルルームに戻った僕は、昨夜は疲れていたので シャワーで済ましていたが、ついにお風呂に入る事にした。

「グフフ。。ゆっくりと浸かっちゃうぞ。」

と少し変態気味に喜びながら、お湯を張る。

  どどどドドドドド…

どんどんお湯が溜まっていく。

「クカカカカ! ドンドン溜まっていくわい!」

とおかしなキャラになり 笑いながら、僕はシャワーで汗を落としてから、やがてお湯が溜まったバスタブに飛び込んだ。

 ふうぅぅぅ。。あ"、 ああ"〜〜!

口から勝手に息が漏れ、ぼくはゆったりと足を伸ばして目を瞑った。

 ふぅ〜う。今日もいきなり色々あったなぁ。

とさっきまでの出来事を思い出していた。

今朝、蟻パンを食べた事が、遠い昔のことの様に思える。。

初日から中々 色々起きたし、体感できた。

しかしながら、夕方に来る

 " 日本からの友人に再会する"   という、

この旅を始めた時から発生している

「一大 最終イベント」が、まだ僕を待っている。

 

ゆったりと浸かっていると、疲れが出たのか、案の定 寝てしまった。

10分程で、ビクッと僕は起きた。

顔に、お湯をかけて目を覚ます。

僕は大分スッキリして、お風呂から上がった。

 

だが、ここで問題が起こった。

またしても風呂の栓が抜けなくなったのである。

一週間ぶりにベトナムに帰ってきた僕は、

ベトナム お風呂の栓抜けなくなる問題」

が頭からすっかり抜け落ちていた。

ここも例の「落下傘型のステンレス製の栓」で、紐などはついてなく、爪を引っ掛けて取ろうとするが、水圧で栓は取れない。。

 あぁあ"〜  もぉおお!!

と、せっかくの気分は台無しになり、僕はフロントに電話をかけた。

早速、背の高い若いスタッフが来てくれた。

彼はバスタブを見て、一応手を入れて、取れないとわかると、事もなげにこんな事を言い出した。

 シャワーがあるから問題ないね。

 シャワーを使って下さいね。

 

(え…嘘でしょ?  この人何言ってんの?)

僕は優しく言った。

 いや…、あのね。

 僕はバスタブ使いたいんですよ。

 なんとかなりませんか?

 今までどうやって栓抜いてたんですか?

 

 今までバスタブ使った人はいません。

 みんなシャワーだ。

 シャワーを使えば良いんです。では。

 

そう言って帰ろうとする彼に僕は辛抱強く話しかけた。

 いや、だからね、、私は、

 バスタブに浸かれるからこの宿にしたんです。

 栓を抜くマニュアルとかはないの?この宿?

 

 だから何度も言っていますよね?

 シャワーが使えます。何も問題はありません。

 何故 私のいう事が理解してもらえないんですか?

 

と言う彼に努めて冷静に僕は話しかけた

 いや、だからあのね。

 お風呂。お風呂に浸かりたいんです。

 日本人は、バスタブ大好きなんです。

 だから、シャワーだけじゃダメ。

 ゆー OK?

 

 お客さん 笑 あのですね…

 そんな事は、今まで誰も言ってきてないし、

 みんなシャワーしか使いませんよ?

 なぜバスタブなんかにこだわるんです?

 

かなりカチンと来ていたが頑張って話す

 だ、か、ら ワタシは、バスタブが必要なんです。

 バスタブがあっての この部屋の料金ですよね?

 

 ですからバスタブは使いませんって 笑

 お客さん、お聞きしますが、

 逆に、何故シャワーじゃダメなんです!?

 

 

と聞いてきた彼に、温厚な僕も、

ついに堪忍袋の尾が切れた。

 どぅあから!

 バスタブに入りたいんだよ!俺は!!

 シャワーだけだったら!!

 違う宿にしてるんだよ!!

 バスタブ!!バスタブが大好き!!

 バスタブ愛してる!!わかる???!!!

 アイ ラブ バスタブ!?

 ウィー ラブ バスタブ!!

 Japanese Love バスタブ!!

 ユー オーケー??!!

 どうでも良いから、栓抜く方法!

 聞いてこいや?!

 わからなかったら、桶かバケツ持ってこい!

 お湯抜いてから栓抜くから!!

 つーか、栓に紐くらいつけとけや?!

 前の宿は抜ける様に、

 ストリングス付けてたぞ!!

 ああ??聞いてんのか?! おい!!

 俺は アンダースタンド か聞いてんだよ!?

と、この旅で一番、僕はブチギレた。

 

たかが風呂でこんなにキレている自分を、

「大人気ないねぇ。。この人…」と、冷静に見ているもう一人の自分もいたが、我慢が出来なかった。

すると彼はあまりの僕の剣幕に、口をパクパクさせた後、

 す、ストリングス…?

 何故ストリングスがいるんですか? 泣

 分かりません。。 とりあえず、

 ば、バケツ持ってきます!

と半泣きで下に降りていった。

 

彼が出ていった後、僕は苦々しく溜息をついた。カタコトの英語同士で伝わらない事もストレスだったが、彼の怯えようを見て、

 あぁあ…嫌な事しちゃったなぁ。。

と自己嫌悪も感じていたからだ。

ホーチミンで、怒りに任せた挙句、

10人以上に追いかけられて、反省していたはずなのに、全く学習していない自分がアホにしか思えない。。

 

この長い旅で、大分 気が長くなったつもりでいたが、まだまだ何も成長していない自分に嫌気が差したし、あんなに彼を怯えさせた事を後悔していた。

 何様だよ、お前はよ…?

 おい、マサミさんよ!

と、自然と自分に毒付いていた。

 

ふと鏡を見ると、どうやら、僕はバスタオル1枚腰に巻いただけで、あれ程怒り狂っていたらしい。。

 あのさぁ。。 コントかよ…??

と笑ってしまい、そのおかげで、僕は気持ちがふっと楽になった。

 

(もう、風呂使えなくても良いや

 ちゃんと 彼にも謝ろう。。)

僕は今怒った出来事を笑って流す事にした。

 

しばらくすると、スタッフの男性は、凄い真剣な顔で、バケツを持ってきてくれた。

僕は「ありがとう」と柔らかくお礼を言い、彼の目の前で、 ザバー…、ザバー。

と、風呂の湯を抜いて行き、やがて半分以上湯が無くなったところで、栓を抜いて見せた。

彼は、「オー マイガー」とびっくりしていた。

僕は、「先程は言い過ぎてごめんなさい。」

と謝るが、彼はもう、僕が恐怖の対象でしか無いらしく

「いっ、いえ、だ、大丈夫です…」

と言って逃げる様に、下に降りていった。

もう、苦笑いするしかったが、前向きな僕は、この事はもう忘れる事にした。

都合のいい旅人であるが、忘れる事もまた大事な事である。

(ちゃんと謝ったし、後悔してるから、

 今 これ以上やれる事はない。)

と割り切ったのである。

 

実はこの日、夜中の 1時過ぎまで酔っぱらった僕が宿に帰ると、ドアが閉まっており、インターフォンを鳴らすと、フロント台の後ろに布団をひいて、隠れて寝ていた彼が、眠そうに目を擦りながら、ドアを開けてくれた。

 

それを見た僕は、家にも帰らずに仕事をしている彼に、さらに申し訳ない気持ちにさせられたが、それ以上に、あの日本語も 人使いもテキトーなオーナーに、少し違和感を感じながら、若いスタッフさんに より罪悪感を感じながら、ベッドで眠りについた。

 

いちいち勉強になるわ…  一人旅。。

と呟きながら。

 

凹んでいる日は、不思議と人恋しくなる事も、改めて感じた夜だった。

 

つづく

 


f:id:matatabihaiyuu:20211106184918j:image

↑ ハノイの街並み

f:id:matatabihaiyuu:20211106185056j:image

f:id:matatabihaiyuu:20211106184718j:image
↑ 道路はこんな感じ 空いてる所と混んでる所がはっきりしている。

 

 

次話

azumamasami.hatenablog.com