猫好き俳優 東正実の またたび☆

俳優 東正実の東南アジア旅

地元のパブストリートを通訳付きで行く

 

「呑みに行こう」と約束はしたものの…

2日目の「ベンメリア」散策の後、次の日が早起き(4時起き)だった事もあり

2日目は止めて、3日目の夜に打ち上げも兼ねて、僕とジェイクは 地元のパブストリートに行く事になった。

 

今日の遺跡周りは、夕方に早めに切り上げた事もあり、ジェイクと 19時に宿の前で待ち合わせる事にした。

17時前には宿に帰って来ていた僕は、シャワーを浴びて、すぐに仮眠をすることにした。宿に帰って来て安心したのか、途端に疲れが襲って来た。身体が自分のものとは思えないくらい重かった。二階へ上がるのもかなりしんどかった。

ベッドですぐに気を失い、死んだように寝た。

起きれるか心配だったが、不思議とかけておいたアラームの時間に 僕は自然と目を覚ますことが出来た。

仮眠のお陰で身体も頭もスッキリしていた。

炎天下で 3日間の遺跡周りは、思ったより僕の身体を蝕んでいたらしい。。

せっかくの打ち上げが楽しめるように、しっかり仮眠を取ったのは大正解だったようだ。

 

表に出ると、昼過ぎから降ったり止んだりしていた雨は 完全に止んでいた。

玄関に止めてあるジェイクのトゥクトゥクを見ると、彼が猫を撫でていた。

この宿には、いつもフロント横の椅子で寝ている 可愛い飼い猫さんもいるのだが、宿の周りにも結構野良さんがいて、宿のトゥクトゥクドライバーさん達と仲良しだ。

一度など、トゥクトゥクにかけたハンモックで、おじさんと猫が一緒にお昼寝しているのを見て、とても癒され(う、羨ましいなぁ。。)と思うと同時に 猫好きな僕は

 俺もここで トゥクトゥクドライバーに

 なろうかしら?

と馬鹿な事を考えたりもした。

「俺にも撫でさせて」と言うと、ジェイクは片手で抱っこして僕に猫を渡してきた。

だが猫さんは僕には慣れていないので、嫌がってクネクネと液体のように手から滑り落ちていった。が、その後は その仔が撫でさせてくれたので、僕は大満足だった。

 

そんな僕にジェイクが

「さぁ、行こうか? 乗って乗って!」

と言うのだが、、

(今日はお酒を飲みにいくはずだが。。運転?)

と、そんなことを心配する僕を尻目に、トゥクトゥクは大通りを横切り、すぐ近くのパブストリートに向かう。

出発から5分もたたずにジェイクのトゥクトゥクは、夕方まで降っていた雨にぬかるむ、ある一軒の店の 土の駐車場に停車した。

「ここだよー」と案内されて入った所は、結構大箱の店で、奥では女性シンガーがステージで歌っている。どうやら怪しい店ではないらしい。ジェイクを信用してないわけでは無いが、僕は少しホッとしていた。

 

テーブルに案内されて座る。

とりあえず生ビールを頼み、乾杯をした。

 

店内では抽選をやっており、ビンゴの機械の様なものが回され、数字が発表される。

ビールが来た時に貰った番号を見ると、僕の番号だった。

なんと! いきなり当たりが出た!! 笑

来て5分も経ってない。

当たったのは、Tシャツだった!!

だが店にいる人たちの祝福の中、スタッフに渡されたそれは、、

シャツの白地に、

     "  CAMBODIA  (赤字)

            WATER   (うっすい水色)   "

とプリントされた、信じられないくらいダサいTシャツだった。。

 

日本だと「日本水」とか「東京水」

とか書いてある感じだろうか??

 

カンボジア ウォーター。。

どう言う事だ?!、、一体…? 笑

 

その時なぜか僕は、その昔に 横浜市の水道局に見学に行った時に お土産で貰った。

横浜のおいしい水道水 という

”水道水が入った” 飲料缶の事を思い出していた。。 意味が解らな過ぎて、

僕の脳みその ”意味の分からない水 記憶枠” から急に思い出されたようだ…。

 

ジェイクが「やったな!!」と僕にそれを渡してくる。

周りが祝うので、僕はとりあえずその場で それを着た。。

こうして、カンボジアシェムリアップの大地に、カンボジアウォーターマンが 誕生したのである。

そして、カンボジアウォーターマンに変身した僕は、カンボジアを守る使命を頂いた?

 

その後、カウンターにいるスタッフに ジェイクが話しかけ、スタッフが頷いているのが見えた。戻って来たジェイクに

「奥に、個室があるからそこでゆっくり飲もう。」と言われる。

 

ぱっと見、ビアガーデンのような吹き抜けたスペースなので(どこにあるのだろう?)

と思ったが、店のスタッフについていくと、奥の壁の裏側に、プノンペンで見た 選挙の投票所のような タープテントが張られ、布で仕切られた個室が 十数部屋? あった。下は土である。

それを見た僕は 新宿花園神社の、野外テントの芝居に出た時の、似たようなつくりの ”楽屋” を 懐かしく思い出していた。。

 

そんな僕に「ここはVIPルームさ」 とジェイクがニヤリとする。

どうやら、カンボジアウォーターマンに変身した僕は VIP認定されたらしい 笑

 

(VIPルームにしては 壁が薄すぎるでしょうが?)と思ったが、黙って 案内された4つ目の布ルームに入り着席した。

ビールと、ツマミをジェイクが頼んでくれる。

ビールは縦型の筒形のピッチャーで来た。

入れ物の筒の周りが凍っていて、筒の中にビールが入っている為、冷たいビールがいつでも注げるハイテクなピッチャーだった。こんな代物を初めて見たが、よく考えられた作りに感動する。

  さすが  VIPルームだ!!

 

そして 何となく予想していたが、後から女性が二人入ってきた。

やはりVIPルームは女性が隣に座ってくれるカンボジア版の「キャバクラ」らしい。

まぁジェイクがニヤリとした時から 何となくそうだろうな とは思っていたが、今日は彼にお礼もかねての会食である。あまりそういう気分ではなかったが 気にしない。

それに 何事も貴重な経験だ。僕は日本で「キャバクラ」に行った事は数回しかないが、カンボジアのキャバクラなんてものは もちろん初体験である。中々、僕の好奇心を刺激してくれる。

僕の隣は黒髪の大人しそうな背の低い20歳くらいの女の子で、ジェイクの隣はスラっと背の高い、スレンダーな西洋風な化粧をした、かなり明るい茶髪のロングヘアーの、20代中盤のモデル風の女性だった。地元の人が楽しむお店なので、二人とも英語は喋れない。

なのでジェイクが英語で "通訳" してくれて 皆が会話をする。

 そんな 世にも不思議なお店が開店した。

ジェイクが通訳してくれたところによると、本当にここは 観光客は滅多に来ないそうだ。その為、英語を喋れるキャストはいないとの事。ジェイクは本当に "地域密着のお店" に連れて来てくれたわけだった。

だが、通訳しながらなので、会話はどうにも いまいち盛り上がらない。。

たまにジェイクが飛ばしているであろう、クメール語ジョークで皆笑うので、僕も雰囲気で笑っていた 笑

しかしながら、会話のタイムラグを差し引いても慣れてくると、なかなか楽しい。

お店とはいえ、カンボジアの女性とがっつり話す機会もそうはない。何故なら僕は、クメール語は サッパリ喋れないからである。

カンボジアの人と喋る時は、ジェスチャーを交えた「脳内テレパシー」を使うしかない。

色々話を聞いたが

「マサミの隣の彼女が大変だったんだ」

とジェイクが言い出したので「どうして?」

と聞くと、先々週まで入院していたという。

たしかに少しやつれて見える。。

「ホワイ?」とジェイクに聞くと、

「デング フィーバー」と言われた。

 

(フィーバー??…は、、熱だよな。。)

と、トイウコトハ。。(^◇^;)

 

  デング熱である。

 

当時新宿の公園で確認されて、日本で大騒ぎされていたアレである。。

 

 えーと、、そんな子の隣にいて、

 俺大丈夫かいな??

 

とも正直思ったが「蚊が媒介する」とニュースで言っていたのを思い出し、時々咳はするが、治っているし、隣にいる位では感染らないだろうとは思った。…だけど正直ちょっと怖かった。。

( 万が一 何かあったらその時はその時だ…。)

と僕は腹をくくった。

何か この外国のVIPルームで出会ったこの娘さんとも "何か縁があるのだろう" と、勝手に思っていたからである。もしこれでうつるのなら、それはそれでしょうがない。

旅の間に自然と身についてしまった、ある意味諦観のようなものにより、ストンと何か腹が座ってしまったのである。

そんな事件はあったが、たわいもない話で楽しい時間は過ぎ、いよいよ10時半頃に帰ることになった。

会計は席で済ませる。

ツマミも2皿しか頼まなかったので、ジェイクの分も女性のドリンクも全部合わせて、20数ドルだった。。

 や、安すぎるでしょ?!この店。。

と思った僕は、少しは格好をつけようと、見栄を張って女性たちに、「サンキュー」と言いながら、5ドルずつチップを渡した。

女性2人は お店の出口まで見送ってくれるが、途中で隣だった彼女が、僕のシャツの裾を引っ張った。

 (んん?)と思って振り返ると僕を見つめている。

店長が寄ってきて、話しかけてくる。

ジェイクが

「彼女が "この後どうするの?" って聞いてるよ」と通訳してくれた。

僕は一瞬で色々理解した。

(そうか、そういうサービスもあるお店だったか…)

僕は(やれやれ…)

と思い、ジェイクを見ると

「無理しなくていい、帰るなら帰る。

 マサミの好きなようにすれば良いさ」

といたって普通にしている。

 

僕は、店長と彼女に

「今日はそういう気分じゃないんだ」と言い、通訳してもらうと、彼女は悲しそうな顔で

「どうして?私じゃだめなの?」

と聞いてくる。

彼女も食べる為に必死なのだろうが、僕は、この旅ではそういうお店には行かないと決めていた。だが、どうやらアジアではこういう事は、色々と地続きらしい。

そういえば、ベトナムでもマッサージ店や、なぜか床屋もそういう事があると聞いていた。

僕は「申し訳無いけど明日が早いので帰ります」と言い、彼女にも「ごめんね。」と言って、帰る旨を店長にもしっかり伝えた。

ジェイクは「よし、かえろう!」と言い、一緒にトゥクトゥクに向かった。

(しかし、色々起きるものだ。。笑)

と僕は少し笑ってしまう。

「今日はご馳走様。宿まで送るよ!」

という、ジェイクの運転するトゥクトゥクに乗り、宿へと向かう途中に

(あ! ジェイクの奴、飲酒運転じゃないか!?)

と僕は、トゥクトゥクに揺られながら気付いたが

 …まぁ、カンボジアだから大丈夫か。

と そっと夜空に呟いていた。

 

 

続く。

 

 

f:id:matatabihaiyuu:20210823222627j:image

↑ 3日目も遺跡周りは順調!

    何故か一緒のポーズの警備員さん 笑

 

f:id:matatabihaiyuu:20210823222600j:image

↑ とにかく、熱い 暑い遺跡周り

     常に汗だくである。。



f:id:matatabihaiyuu:20210823222538j:image

f:id:matatabihaiyuu:20210823223550j:image


f:id:matatabihaiyuu:20210823222550j:image

↑ 宿の猫さんたち


f:id:matatabihaiyuu:20210823222545j:image

↑ 朝起きて

 カンボジアウォーターマン

 変身しっぱなしだった事に気づく僕…