猫好き俳優 東正実の またたび☆

俳優 東正実の東南アジア旅

さらば いとしのカンボジア

 

その日も素晴らしい天気だった。

昼前まで寝ていた僕は ベッドから体を起こし

(そうか、今日で最後か…) と呟いていた。

 

少し寂しいが、ついにカンボジアを去る日がやってきた。

色々事件は起きるが、遺跡を周らないと、シェムリアップは田舎なので、実はあまりやる事はない 笑

僕は毎日、「究極のチャーハン」をたべ、「究極の生ビール」をバーに飲みに行く事を日課にして、少し街歩きをし、後はゆったり過ごしていた。

そして今日はいよいよ旅立ちの時だ。

もう少しこの田舎でのんびりしたかったが、フライトが迫っているので 仕方がない。

僕はギリギリまでカンボジアにいれるように、夜の飛行機を予約していた。

この宿は、レイトチェックアウトが出来たので、部屋もゆっくり出れば良い。

宿から散歩に出た僕はまず、例の「角っこ」にある「極・焼き飯や」に行くことにした。

朝からやっているこの店は、すでに混んでいた。

焼き飯を頼むと、注文を伝えに行った従業員が帰りには焼き飯を持ってきてくれた。

繁盛店にありがちな、オーダーto Put である 笑

僕はさっそくうっすい紙ナプキンで拭いたスプーンを差し込み口に運ぶ。

 ざわ…ざわざわ…ざわざわ、。

と ざわめく程の、事件な美味さだ!!

スープも一口、、

 うまぁあ〜!  うまぁぁ。。 うまぁ…

うまさの  "やまびこ"  が聴こえる。

(うーん。。幸せだ。)

いい加減飽きそうなものだが、全然飽きない。むしろ、ずっと食べていたい。

(出発の直前にも、もう一回来ようかしら?)

とまで 思ってしまうお店である。

遅めの朝食を堪能した僕は最後に、毎日行っていた地元のパブストリートを見に行くことにした。

夜は、ネオンと照明で煌びやかな通りが、昼間に見るとどうなのか気になったからだ。

僕は日本で、博多や 大阪などに旅公演に行くことがあったが、旅公演の時は誰よりも早く目が覚めてしまうので、朝の街をランニングすることにしている。

汗と共に、前日の酒も気持ちよく抜けていく 笑

そんな中 走りながら見る街の姿は、昨日の夜の喧騒とは打って変わり、静かな街の姿を見せてくれる。

ネオンや照明で煌びやかっただった街は、朝の光に照らされ、まったく違った顔を見せてくれる。

ゴミや、それをあさるカラス、シャッターの閉まった店、人通りのない繁華街。

静かな、お祭りの後の公園のような、そんな街を見るのが僕は好きだった。

そして、シェムリアップパブストリートのお祭りの後も、中々興味深かった。

(こんな建物だったんだ…)と思うようなボロボロの建物があったり、赤土の駐車場は ただの原っぱにしか見えなかったり、

まさに " 祭りのあと" である。

ネオンという 煌びやかな装飾と化粧で、いかに豪華に着飾っていたかがわかる。

 

深夜まで楽しみ過ぎて、酔いのあまり ここで寝てしまったとしたら、きっと朝起きて

(ありゃりゃ? 狐に化かされたか…?)

と思ってしまうだろう 笑

 

だが、それがいいのだ。

昨日の宴が一夜の夢のような喧騒であり、それが終わった 朝に見る、祭りの後のような哀愁を感じる通りが僕は好きだからだ。

新宿歌舞伎町でも、友人と朝まで飲んだ後の、シャッターだらけの、まだ寝ている街を歩くのが僕は好きだった。

そんな僕を、ここシェムリアップの昼前のパブストリートは、大満足させてくれた。

 

この遺跡の街の最後に僕は

「ストリートパブ遺跡」を訪れたのだ。

 

そしてそのまま、昨日見つけておいた ATMに行く事にした。

近所にあるATMは「二度と行かない!」と決めた、手数料の高い 中華系の銀行ATMしかなかったので、少し離れたところにある、カンボジアの銀行? という感じのATMに行く事にしたのだ。

お金を下ろしてみると、案の定手数料は 200円程しかかからない。

(よしよし、やはり安かった!)

ニヤリとしながら、僕は宿へと帰った。

部屋に戻り、荷物をまとめていると、僕が旅立つ事を 知ってか知らずか

隣の家から、初日からすっかりご無沙汰だった、例のカラオケが聞こえてきた。

 ぼぉへぇエエ~~♪

 ぼぉおおお~へぇええ~ぇぁあんん~♬

どうやら、今日僕が旅立つので、わざわざ例の ”らぷそでぃ” で送り出してくれるようだ 笑

  ”ぼぉへみぁあんな らぷそでぃ〜♪ ”

を僕は、折角なので最後にと、ベッドに腰掛けて味わうように聞いていたが、真面目に聞けば聞くほど我慢できなくなり、腹を抱えて笑い出した。

 なんでだよ!? もぉお! 

 これさぁ… なんなんだよ?! (爆笑)

 こ、、これ? 誰が何のニーズで…? 

 どんなつもりで??

 誰に、歌ってんの?? 笑

 もっ、もう、、やめてえーー!!!

 ありがとぉ〜〜〜 !!! 笑

と、涙が出るほどおかしくなって、しばらく僕は狂ったように笑い続けた。

もう 最高に可笑しかった。

 

不思議なもので、このカラオケはまた、15分程でぴたりと収まった。

 不思議だなぁ。。本当に不思議だ。

と思いながら、一通り笑ったせいで、スッキリした僕は、涙を拭いて、再び荷物をまとめた。

この宿は、クレジットカード保証で部屋を取る為に、料金は後払いであった。

昨日の内に明細を出してもらっていたので、それを払いにフロントに降りる。

その為にさっきATMでお金を下ろしてきたのだ。

フロントには、宿の主人がいて僕の顔を見ると、

 な、すぐに止んだだろ?

と言わんばかりのジェスチャアをして、笑っていた。初日と違い、僕がスッキリとした顔をしていたせいだろう。

僕が真面目な顔で、

 あの歌をもう聞けないのは寂しいよ。

と冗談を言うと、彼はニヤリと笑って、

 また聴きにおいで。

 いつでも歓迎するよ。

そう言って 会計をしてくれ、

 送りはジェイクで良いだろ?

と聞いてくれた。

 あぁ、そうだね。

 もちろん。  ありがとう。

と言いながら、空港までの送りをジェイクにしてくれた主人に感謝していた。

僕は握手をして、今日までの気遣いに対して、お礼を言った。

最後に挨拶をしたかったので、

 シャイナさんはいますか?

と聞くと、彼女は今日は休みだという。。

かなり残念だったが、これも縁というか、旅ならではである。 しょうがない。

 では、、彼女にもよろしくお伝え下さい。

と伝言だけ頼んで、遅めのチェックアウトを済ませた僕は、フロントにバックパックを預けて、街に最後の散歩に出た。

 この風景を見るのも これで最後だなぁ。

と感慨深く、近場を一通り回った僕は、やはり最後にまたあの店に行ってしまった。。

 そう「角っこの店」である!

最後にやはりチャーハンを食べた僕は、

 これで思い残す事は 何も無い。。

とふくれた腹を抱えて、宿に戻った。

フロントのベンチに待機してくれていたジェイクに、もう出る旨を伝えた。

今日は久しぶりの国際線で、20時頃のフライトだ。

2時間以上は見ておいた方がいいので

17時過ぎに僕は宿を出る事にした。

まだ明るい カンボジアの紅いアスファルトの道を、ジェイクのトゥクトゥクは疾走する。

1時間も乗らないので、僕は最後はマスクはせずに、トゥクトゥクの風を全身で楽しんだ。

やがて暮れ始めた空の下、僕達はアンコール国際空港に到着した。

国際空港と言っても、平家建ての小さな空港である。空港の建物の目の前にトゥクトゥクを着けてもらい、僕はジェイクと別れを惜しんだ。

「もし、日本に来たら連絡してね!

 どこへでも案内するよ!」

と約束をして、お互い笑顔で固く握手をして、ハグをして別れる。

ジェイクが最後にした、寂しそうな顔が僕の胸を衝いたが。。

「シーユー!! サンキュー ジェイク!

 シーユー アゲイン!!

と僕は声を励まして、彼に挨拶をした。

彼との別れに、湿っぽいのは嫌だったからだ。

ジェイクは、クラクションを一つ鳴らし、カンボジアの大地へと走り去っていった。

夕焼けに染まる道を走って行く 彼のトゥクトゥクを僕は、大地の彼方へ 見えなくなるまで、ずっと見送っていた。

 

続く

 

f:id:matatabihaiyuu:20211013114427j:image

f:id:matatabihaiyuu:20211013113703j:image
f:id:matatabihaiyuu:20211013113550j:image

↑ 美しいカンボジアの大地

f:id:matatabihaiyuu:20211013113451j:image

f:id:matatabihaiyuu:20211013113421j:image

↑ その赤土の大地を走る僕と相棒

 

f:id:matatabihaiyuu:20211013115751j:image

↑ 宿の明細2つ

 宿代も込みで全部で160$程

 雑費と送迎、ツアー代込みで

 この値段は安いと感じた。

 (一番高くついたのは やはり

  ベンメリア ツアーだった 49ドル 笑)