猫好き俳優 東正実の またたび☆

俳優 東正実の東南アジア旅

僕が見たマラッカそしてマレーシア

 

マラッカは不思議な魅力のある都市である

 

観光地なのに、下町というか地元感が凄い。

昔から住んでる方達の 生活の中にお邪魔させて貰うと言った感じの、ゆったりとした場所である。

観光地というより、アットホームな ホームステイに近いかも知れない。

少なくとも僕のマラッカ旅はそうだった。

人と関わることを怖がらなければ、スッと受け入れてくれる 街と人。

素朴で、人の良い方達が多い街だと思う、マレーシアの下町だ。

すぐ南にジョホールバルがあり、そこを過ぎるともうそこは、国境 そしてシンガポール

 マラッカ海峡 の名前が付く程 有名な街。

街並みは川沿いに整備され、美しい。

 

やはり、夕陽が一番印象に残っている。

真っ赤な、真っ赤な夕陽、燃える様だった

 

ジョンとストリートライブをしたレッドハウス前の広場は、僕のマラッカのハイライトの一つだ。

ケルビンさんを探して、見つけ出したのもいい思い出だ。

 

実は2019年に、僕はもう一度マラッカを訪れている。

再びケルビンさんを訪ねて、二日間一緒にマラッカを周った。一緒にご飯を食べたり、お家の奥にも 初めて入れてもらえた。

ケルビンさんはとても素敵な人で、宿までわざわざ迎えにきてくれて、地元のレストランに連れて行ってくれた。

この町で生まれ育って、あまり、マラッカから出てない人のようだった。

 

ある時食事に誘われ「お店は任せます」

と伝えると、

「美味しいハンバーガーの

 お店があるから一緒に行こう」

と連れて行って貰った先は

  "まさかのマクドナルドだった。"

最初 どんどんマクドナルドに近づいて行く ケルビンさんを見て

「まさか。。マックじゃないよね。。」

と思っていたが、「ここだよ」とマックを指差し 優しく言われた時は、正直 ズッコケそうになった。

 

ケルビンさんは、マレーシア限定であろう、美味しい スパイシーなハンバーガーセットをご馳走してくれた。縦長のバンズのバーガーだった。

値段はかなり高かった。 そのセットは650円くらいだ。 高いので遠慮したのだが、ケルビンさんは、嬉しそうにご馳走してくれた。

普段は等身大に、質素に静かに暮らしている

足るを知る 身の丈を知る」という事が出来ている人である。

 

普段こんなに外食にお金はかけていないはずなのに、僕には嬉しそうに、躊躇いなくお金を使ってくれる。

その心持ちが、その気持ちが、僕の心を柔らかく暖めてくれた。

 

ここで 僕は考えさせられた。

僕達は 日本では、住んでいる所 隣の駅 行った先で、マクドナルドがあることを知っているし、珍しくもない。

当たり前のマックとして 何も意識していないし、「マックかぁ。。」と安物扱いすらしている。

さらにいえば、モスバーガーや、ロッテリアバーガーキングフレッシュネスバーガー、個人経営のお高めのハンバーガーショップなど、多くの選択肢がある中の マックであるし、それらが街に溢れている生活なのだ。

 

マレーシアにいると、いかに日本が チェーン店ばかりの国か がよく分かる。基本的にマレーシアでは、個人経営のお店がほとんどである。

なのでチェーン店は逆に特別感がある。

どちらかと言えば観光客向けにある気がする

 

だから、地元からほぼ出ないで 素朴に生活している人達から見たマクドナルドは、新鮮なお店なのだと思う。

彼らの近くには、マクドナルドがそこらに溢れては居ないし、たぶん マラッカ店以外の店舗はどこにあるか?と聞いてもあまり知らないだろう。

身近にある、場所がわかるマクドナルドは、マラッカ店 一店舗なのである。

 

この感覚は、僕にとって、とても貴重な経験だった。

 

よく考えて欲しい。

周りに 行くことの出来る 知ってるマクドナルドが、他の駅には存在せず 自分の住んでいる駅に1店舗だけしかないとしたら?

マックに対する感覚が変わるはずである。

 

これはマクドナルドに関わらず 新たに知る感覚で、旅の中で 考えさせられたり 自分の凝り固まった価値観や、考え方を 柔らかく再構築するチャンスであった。

 

また、お土産に貰った ケルビンさんの会社のカレー粉は、ちょっと入れるだけで、旨味と辛さが足される素晴らしいものだった!

 

2019年もジョンは健在で、また ふたりでストリートライブをした。今度はお客さんも多く、最高のライブだった。ジョンは二年ぶりにあった僕を温かく迎えてくれた。

 

今回は、前日に一回挨拶して、

「明日一緒に歌おう」と約束して、翌日にライブをした。

2017年の「船場吉兆 女将事件」の反省から、今回はジョンに囁かれないように、歌謡曲の歌詞を 宿で調べてスクリーンショットで撮り、携帯で歌詞を見ながら安心して歌った 笑

 

実は2017年の旅では「また来るから!」と言いながら、次の日は疲れて寝てしまい、その次の日はベトナムに旅立たねばならずに、

約束を守れなかった事が心残りだった。

その約束を果たせたことが嬉しかったし、二年ぶりなのに、ストリートライブでは 息がぴったりと合った。改めて 人は不思議な相性と縁があるのだと感じた。

 

ペナンにも行き、レッドガーデンの妖精さんや、マグパイレジデンスの宿の主人達にも再会できた。

丁度、ヒンドゥー教の "秘祭" タイプーサムの二日目にも参加できた。

 

KLの国立モスクに再び訪れたり、ペトロナスツインタワー、懐かしのブキビンタンのパビリオンや、アロー通りにも再び通った。

 

その時は、現地でたまたま知り合った 日本人の大学生と一緒だったが 笑

 

二度目に行ったマレーシアは、初めての土地ではなく、本当に懐かしく、新たに魅力を発見できた。

外国を懐かしいと思う様になるとは、この二度目の旅まで予想してなかった。

 

そして、友人に会いにいくのも、一度行った土地への旅の 醍醐味であり

旅とは出逢いであり、人との出逢いこそが旅なのだと知った。

 

宿の主 サムにわざわざ会いに行ったが、本人は僕を覚えていなかった。

だが、僕は彼が元気で相変わらず優しく、それだけで嬉しくなり、戸惑う彼とハグをして帰ってきた。

 

 

2017年のマレーシアは、人生で初めて外国の人達と、そして 外国で出会った日本人と、濃いコミニュケーションを取った 人生で特別な場所となった。

たまたま "マレーシアで会おう" と言ってくれた従姉妹には感謝である。

 

またいつか、この暑い熱い国に、友人や 景色に会いに訪れたい。

確実に僕の世界(人生)の一部だからである。

 


f:id:matatabihaiyuu:20210127152521j:image

f:id:matatabihaiyuu:20210127152524j:image

https://m.youtube.com/watch?v=pKzL4_TbhFs

上を向いて歩こう

https://m.youtube.com/watch?v=ESjt24TKF40

「昴」

https://m.youtube.com/watch?v=uE7MBkJXOKA

長崎は今日も雨だった

 

↑ 2019年 ジョンと再会

 そしてストリートライブ 動画

 



f:id:matatabihaiyuu:20210127152138j:image

f:id:matatabihaiyuu:20210127150316j:image

f:id:matatabihaiyuu:20210127154752j:image
f:id:matatabihaiyuu:20210127154613j:image
ケルビンさんと再会

 (ご自宅にもお邪魔させて頂いた)

 (地元のレストランとマック)



f:id:matatabihaiyuu:20210127145626j:image

↑ サムとの再会


f:id:matatabihaiyuu:20210127145802j:image
f:id:matatabihaiyuu:20210127150050j:image
f:id:matatabihaiyuu:20210127145955j:image

↑ マラッカ ジョンカーストリート


f:id:matatabihaiyuu:20210127150417j:image
f:id:matatabihaiyuu:20210127150536j:image

春節のパビリオン

 

f:id:matatabihaiyuu:20210127155629j:image

f:id:matatabihaiyuu:20210127160405j:image
f:id:matatabihaiyuu:20210127160409j:image
f:id:matatabihaiyuu:20210127160415j:image

↑ 再びペナンへ

f:id:matatabihaiyuu:20210127160148j:image

f:id:matatabihaiyuu:20210127160152j:image

f:id:matatabihaiyuu:20210127174436j:image

↑ レッドガーデン

f:id:matatabihaiyuu:20210127165156j:image
f:id:matatabihaiyuu:20210127165152j:image
f:id:matatabihaiyuu:20210127164056j:image
f:id:matatabihaiyuu:20210127165147j:image
f:id:matatabihaiyuu:20210127165044j:image
f:id:matatabihaiyuu:20210127165006j:image
f:id:matatabihaiyuu:20210127164202j:image

ヒンドゥーの秘祭「タイプーサム」

 

f:id:matatabihaiyuu:20210127174535j:image

 

↑ 旅は続く