猫好き俳優 東正実の またたび☆

俳優 東正実の東南アジア旅

いざ!! ケルビン邸へ!

 

クーラーのよく効いている部屋で、僕は朝早く目が覚めた。

 

少し寒すぎるくらいだ。。

ここのクーラーはよく効くらしい。

 

昨日、夕陽スポットから帰ろうとすると、犬達は寝ぐらに帰ったのか、2、3匹になっていた。

なので、僕は無事宿に辿り着き、同部屋の女性達にも挨拶をして、早めの眠りに就いていた。

 

皆、まだ寝ている。今日は朝ごはんを この宿で食べようと、カフェに出た

サムはもう起きていてカウンターで作業をしている。お店の前の黄色いガレージの鉄扉も全て開いていて、ガラス張りなので、表通りもよく見える。

 

ここは宿泊者は60円程安く朝食が食べられる。

180円くらいのモーニングプレートを頼み、

一日一杯無料の飲み物は カプチーノを頼む。

 

今日は いよいよケルビン氏の家を訪ねる。

しっかりと腹ごしらえをしておかなければ。

 

僕は出る前にシャワーを浴び、髭を剃り。

チノパンに、サンダルではなく 久しぶりに靴を履き。

唯一持って行ったシャツを着て、コンタクトをつけ、余計なものは何も持たずに、昼前に宿を出た。

 

昨日の黄金マッチョの像を過ぎ、突き当たりを左折した。。

 

 いよいよである。。

 いよいよ何が待ち受けているか分からない

 ケルビン氏の家へ。

 

家の前に着く。

中華系のマレーシア人らしく漢字の看板が上に掛かっている。

 

まず深呼吸をし、ブザーを探す。

ブザーは存在しない。。呼び鈴もない。。

 

僕は覚悟を決めて、俳優ならではの 奥まで通る声を選択し、ガラスは入っていない 鉄格子の窓から呼びかける事にした。

(長年俳優をやっていると、自分の声がどこまで届いているかは 手応えで判るようになる)

 

「ケルビ〜〜ん ミスタ ケルビ〜〜ン!!

 ヘロ〜〜 ミスタァ〜!ケルビ〜〜ん!」

と奥まで通る声で呼ぶと

うるさいなぁ。。という顔をして、不信感の塊の、ひょろっとしたおじいさんが現れた。

 

  おおぉわ????!!!!

 

なんとっ!!

ケルビン氏 その人である!!

ひょろっとした、60歳くらいの、スレンダーな若々しい おじいさんである。

送ってもらった写真のその人だ!!

 

 良かった!!やった!元気そうだ!!

 

まさか一発で ケルビン氏本人にお会いできるとは思ってなかった僕は、嬉しさと興奮を抑えられなかった!!

 

 

「最悪、お会いできないこともある…」

と どこかで覚悟していたが、、

 

   無事を確認出来た!!

 

僕は不信感を拭うために、必死のカタコト英語で話した。

 あ、アー、I'm ミヤシタ's フレンド。

 マイネームイズ MASAMI AZUMA.

 ユア エアメールフレンズ Friend

 I'm messenger  フロム ジャパァーン。

 シーイズ ベリィ worry you.

 ビコーズ、her エアメール ドンと リターン.

 ユー ノット ライティング エアメール?

 

と窓越しに話していると、彼は「ウエイト」

と言ってから、玄関に付いている鉄の鎖の先の立派な南京錠を外し 玄関の中に入れてくれた。

 

しかし、、まさか自分が

 "I'm messenger "   と言うカッコいい英語 を 人生で喋る日が来るとは、日本にいる時は全く思っていなかった。

つくづく 旅も人生も面白い 笑

 

ケルビン氏にまず、友人の宮下さんに頼まれてきた事、彼女が 手紙が返って来なくて心配しているという事、なぜ手紙を返さなかったのかを聞いてみると

 

「そうなんだね。それはご苦労様。

 わたしは。。手紙返したよ。」

 

え? 手紙届いてないって。。

 

「出したんだよ。彼女はひょっとして

 住所が変わったんじゃないのかい?」

 

ええと。。変わってないはずですけど…たぶん

 

「何かの間違いだよ。私は間違いなく

 返事を書いたんだよ」

 

ええと。。じゃあ、何かがあって手紙が日本に、届いてない可能性がありますね。

 

「いや、だからわたしは返事を出したんだよ」

 

はい。なので、たまたま届かなかったのではと。。 本人に確認してまた伺っても良いですか?

(いや、話がへいこーせん!あと、

  ケルビンさん、めっちゃ元気やん)

 

ケルビンさんはとても当たりの柔らかいおじいさんだった。

 

僕は一旦ケルビンさんに別れを告げて、宿のWi-Fiで、宮下さんに連絡を取る事にした。

まずは無事を伝えなければならないし。

 

 一旦貴方が無事な事を伝えに宿に帰ります

 今日は貴方が元気なことがとても嬉しいので

 一旦宿に帰ってまたすぐ来ても良いですか?

 

と聞くと、「ええ、待ってます。」

 

笑顔で言ってくれた。

 

動画を撮るので、

宮下さんにメッセージをお願いします

と伝えると、優しい笑顔でメッセージ動画に協力してくれた。

 

僕はその動画を大事に持ち帰り、早足で宿に戻った。

宿でWi-Fiに繋ぎ 宮下さんに動画を送り。

暫く待って ラインの返信があったところで、LINE電話をした。

 

 もしもし、東ですお久しぶりです。

 ケルビンさんですが、お元気でした!

 良かったね!あと、

 見てくれたと思いますが動画頂いたよー。

 

 ありがとうございます!

 本当にありがとう!

 動画もありがとう。感動しました!!

 

 で、住所は変わって無いよね?!

 

 全く変わって無いです。

 だから、東さんの言うように、今回だけ

 手違いで届かなかったんだと思います

 

 やっぱり。。

 それでね。ケルビンさんにも言ったのですが

 今日これからか、明日、時間ありますか?

 Wi-Fiのあるお店が結構あるから、

 そこでLINEを繋げてテレビ電話で

 せっかくだから

 ケルビンさんと話しませんか?

 

 えええ?!是非お願いしたいです!!

 今日はこれからと、明日は。。

 仕事があるので、18時からなら

 落ち着いて電話できます!!!

 

僕の提案に、宮下さんはすぐに乗ってきた。

 

僕は、もし明日ならマレーシアでは1時間早い17時だなと頭で時差を計算し、これからケルビンさんとまた会うので、その旨を伝えます。

 

と、一旦通話を切った。

 

 さて!忙しくなってきたぞ!!

 

僕は気合を入れて、再びケルビン邸へ訪れ、

例のよく通る迷惑な声で ケルビンさんを再び呼び出した。

宮下さんが、無事をとても喜んでいた事と、

メッセージ動画にとても感動していたと伝え

 今から出かけて宮下さんと話しませんか?

と言うと、意外な答えが返ってきた。

 

「今日は無理なんだ」

 

用事があるのですか?

 

「いや、これから仕事があるんだ。」

 

そうなんですか、、では明日の17時以降は空いてますか?

 

「明日はランチの約束があるから、その後だったら空いてるよ。色々ありがとう。では、明日彼女と話せるのを楽しみにしているよ」

 

ちなみに お仕事とは?

 

「カレー粉の会社をやっててね。

 僕と家族の個人経営だけど、

 やることがいっぱいあるんだ」

 

(えええ?! 社長さん!?)

 

意外だった。

失礼ながらもう御隠居されているものだと てっきり思っていたので、すぐ連れて行こうと思っていたが、 まさか社長業があるとは?!

 

人は見かけによらないというか、見かけで勝手に御隠居さんにしてはいけない事を学んだ 笑

 

 明日17時頃に迎えにきます。

 

と約束をして、僕はこの事を伝える為に急いで 再び宿に向かった。

 

続く

 

f:id:matatabihaiyuu:20210101130459j:image
f:id:matatabihaiyuu:20210101130505j:image

↑ レッドハウス


f:id:matatabihaiyuu:20210101130305j:image

↑東洋のヴェネチア マラッカ

 

f:id:matatabihaiyuu:20210103124303j:image
f:id:matatabihaiyuu:20210103124309j:image

↑ 細い路地達