猫好き俳優 東正実の またたび☆

俳優 東正実の東南アジア旅

天空の寺へと

 

第155話

天空の寺へと

 

今日は僕が勝手に「天空の寺」と名付けた、ドイステープ寺院にリベンジすることに決めていた。

 

だがまさか、あれ程登るとは思わなかった。。

途中までしか登れなかったが、

日光のいろは坂」×6 くらいの長さの体感であった。

しかもあれから、まだ残りが1/3以上あるとは信じられなかった。

 

昨日の、酒が少し残った状態とは違い、今日は万全の体調ではあった。

だが、僕の心はすでに決まっていた。

 

そう。僕は自転車などではなく、車で行こうと思っていたのだ。さすがにあんなしんどい思いは、二度としたくなかった。

それも、動物園のある坂の下までは平地なので自転車で行き、そこから先の坂からはタクシーか、もしあればバスに乗ろうと考えていた。

とにかく安く行ければ良し、というプランだ。

 

とりあえずレンタル自転車屋に向かっていると、チェンマイ名物の乗り合いタクシーである「ソンテオ」が止まっていた。

(ソンテオとは、トラックの荷台の、

 向かい合った椅子に客が乗り、

 途中で乗り降りしていく、

 乗り合いタクシーである。

 イメージとして近いのは

 軍隊の歩兵を運ぶトラックである。

 そして荷台の天井が低い車のデザインは、

 なんだか霊柩車に見えてしまう (^^;) )

 

(ここからなら、大体いくらくらいで、

 ドイステープに行けるんだろう?)

と目安を知りたかった僕は、ソンテオのドライバーに話しかけようと、近寄った。

すると、助手席からちょうど女性が下りてきた。

18、9歳あたりの、色白の女性だった。運転手とにこやかに話しながら降りて来た所を見ると、どうやら彼女も、このソンテオの関係者だろう。

 

清潔感のある白の半袖シャツが印象的な娘さんで、僕と目が合うと、綺麗な英語で話しかけてきてくれた。

「こんにちは。 どちらへ行かれますか?」

その可愛らしい笑顔に引き込まれるように僕は答えた。

「ドイステープに行こうと思うんですが。。」

「あら、それならこちらのソンテオでどうですか?

 知らないかもしれませんが、とても遠いですよ」

と丁寧に教えてくれた。

その綺麗な笑顔に僕は不思議と引き込まれてしまっていた。

 

「ええ、知ってます。昨日自転車で行って、

 途中まで行って、諦めたので 笑」

と笑って言うと、

「えええ?!  自転車は大変ですよ 笑」

と彼女もびっくりして笑っていた。

 

「はい、実感しました。だから今日は、

 直前まで自転車で行って、

 そこでタクシー拾おうかと…」

 

そう言うと彼女は、

「お寺を周っている間も待っているので、

 貸し切りで、この車で行きませんか?」

と提案してくれた。

 

とりあえず値段だけ聞きたかった僕は、素直に料金を聞いた。

「おいくらになりますか?」と聞くと、

「ちょっと待ってくださいね」

と言って、彼女は運転席に相談しに行った。

 

僕もなんとなしに、運転席にいるドライバーを遠目に覗き込んだ。

50歳くらいの、強そうな男性ドライバーが前を向いていた。

どうやらこのソンテオは、男女二人でやってるようだ。

 

そして、彼女に話しかけられて、こちらを向いたドライバーさんの顔を見た時、

僕に電流が走った!!

 

なんとそこにいた男性ドライバーが、

ドン・フライにそっくりだったからだ!

その昔、新日本プロレスで猪木の引退試合の相手役を務め、PRIDEでは、高山善廣と真っ向から殴り合いを演じた男前。

あの、元 アメリカの消防士の格闘家

ドン・フライである!!

 

短髪パーマのような髪型、意志の強そうな目、男らしさの象徴のような立派な口髭。

僕は彼に見とれていた。。

 

(ドッ、どん!  ドン・フライだ!!)と。

 

 

 ……です。……ですよ。。 

   …大丈夫ですか??

 

ふと我に返ると、彼女が一生懸命僕に話しかけてくれていた。

どうやら僕は、だいぶ深いところまで自分の世界に入り込んでいたらしい(^^;)

「あ… ごめんなさい。 なんでしたっけ…?」

「ですので、ドイステープに行って、

 一時間半、好きに回って頂いて、

 それから宿までお客様を送って、

 全部込みで500バーツです」

笑顔でそう説明してくれたが、僕は考え込んでいた。

(うーん。。相場がわからん。。

 ボッタクリな感じはしないが、

 1650円は高い気がする。。)

僕は結構高い気がしたので、値切ってみて、様子を見る事にした。

「うーん。 ちょっと高いなぁ。

 400バーツにはならないよね?」

彼女は振り返り、運転席のドン氏に相談した。

するとそのことを聞いたドン氏は、男らしい渋い顔で、ゆっくりと首を横に振った。

彼女は申し訳なさそうに、

「ごめんなさい。

 500バーツでも安いので、

 これ以上値引きはできません。。」

と教えてくれた。

 

どうやら彼女はドン・フライ氏の娘さんで、英語が喋れない父に代わって、観光客と交渉する役目のようだ。

仲が良さそうな、父娘に見えた。

 

僕は、相場がなんとなくわかった事に満足したのと、他にも安く行く方法が必ずあるはずなので、

「そうですか、ありがとう。

 他を探してみるね。」

と笑顔でお礼を言って歩き出した。

 

(もう少し安かったら、お願いするのになぁ…)

と、彼女の可愛らしい笑顔を見てしまった僕は、残念な気持ちになっていたが、

よく考えたら、父親同伴である彼女だ。

下手に下心を出しそうものなら、強そうな父のドン・フライさんから、どんな攻撃を喰らうか分かったものではない 笑

 

実は僕は、400バーツでも本当は高く感じてたので、

(なんだかんだで、まぁ、良かったな。)

と思いながら、ゆっくりと通りを南下し始めた。

 

しばらく周りの景色を楽しみながら歩道を歩いていると、右側に、なにやらゆっくりと影が近づいてきた。

違和感を感じて車道を見ると、先程のソンテオだった。

僕の歩調に合わせたそれは、ゆっくり並走しながら、助手席の彼女が声をかけてきた。

「父が、今日だけサービスで、

 400バーツで良いといってます。」

隣のドン・フライ氏を見ると「大損だがね。」と言わんばかりの渋い顔で、前を見ていた。

 

本当はもう少し値切りたかったが、どうやら彼らの言っている事は本当の様だった。

それに、ここから値切る勇気は僕にはなかった。

彼女に嫌な顔をされて嫌われたくなかったし、大好きな格闘家、ドン・フライ氏にも失礼な事はできない気がしたのだ。

 

(まぁ、これもご縁だな。。)

と一つ息を吐いてから、覚悟を決め、

「わかりました。ありがとう。

 400バーツでお願いします。」

と助手席の彼女にお願いした。

 

荷台に案内され、彼女も一緒に乗り込んでくれると勝手に思っていたが、僕一人であった。。

何と! 彼女は助手席に戻ってしまったのだ。

 

僕は早速、詐欺にあった様に感じていた。

(あーあ、 だっさ。結局騙されてやんの!)

と自分自身にも憤っていた。

 

全くお門違いの感情だが、綺麗な女性から誘われて「行きます!」と言った男は大概、その女性が近くにいないと「騙された!」と思うという。

男性特有のアホすぎる あるあるに囚われていた。

僕は車外の、後ろに流れていくチェンマイの景色さえもモノクロに感じていた。。

 

しかしである!

少し道を走った先の交差点で、彼女が助手席から、何故か後ろの客席に乗ってきてくれた。

 

そして彼女が僕に話してきた内容は、お願いだった。100バーツ値引きした分、

「ドイステープへ登る坂の直前までは、

 道中が一緒のお客さんがいれば、

 途中でお客さんを拾わせて貰えませんか?」

との事だった。勿論僕には全く異論はない。

何故なら、そのおかげで彼女と向かい合って、ソンテオに乗っていられるからである。

僕は、彼女と向かい合った席で顔を見合わせて、車に揺られる事となった!

 

もし、最初の値段の500バーツで乗っていたら、完全チャーターなので、ひたすら一人で客席にいるハメになる所だった。

(ナイスだ! マサミ! 良くやった!

 ナイス100バーツ値切り交渉!!)

久しぶりに出てきた頭の中の、リトルマサミが僕を激賞する 笑

 

改めて見ると、本当に優しい柔らかい顔をした綺麗な女性である。

僕は人相で人を見るので、女性をただ美人だとか、綺麗だのと見ないのだが、この娘さんからは、内面からくる美しさを感じる。そんな素敵な女性であった。

 

まぁ、色々と御託を並べているが、ようはただタイプだっただけなのかもしれないが…。

だが、笑顔の彼女と顔を見合わせているだけで、幸せな気分になるから不思議だ。

 

僕はニコニコして、彼女と少しお話をした。

 

そして、結局お客は乗って来ず、彼女と色々とお話ができた。やはりドライバーのドン・フライ氏は、彼女のお父さんで、あんまり接客に向いてない父に代わって、英語も喋れる彼女が交渉係をやっているそうだ。

(ソンテオは皆、乗る場所も降りる場所も、

 お客に合わせてバラバラなので、

 最初に、お客と値段を交渉するので、

 結構交渉力のいる仕事でもあるのだ。)

 

やがて例のいろは坂を超えた、僕が勝手に

タイの「いろはにほへとちりぬるを坂」と名付けた坂の手前まで来た。

あまりに「いろは坂」より長いので、仮名を足して、勝手にその長さを表現する。

そこで残念なことに彼女は降りてしまった。

「私は酔いやすいので、助手席に戻ります」

と一礼してから、戻って行った。

(うーむ、礼儀正しい。お淑やかだ。。)

とまた彼女を、心の中でベタ褒めする。

 

だがここからが凄かった!!

確かに酔う。。

 

グァアーン!  と車は登り、

 

ギョーン! とまがり、

 

また、

 

グァアァーン!  と登り、

 

ギャーーン!  と曲がる。

 

まるでドン・フライの、左右の連続フックパンチである。

とにかくこの繰り返しだ。

ドン・フライ氏の攻撃力をまざまざと見せつけられた思いである。。

客席の後ろの鉄の棒に、両手を広げて捕まりながら、揺られ続ける。物凄いアトラクションだ。

車は20分以上登りっぱなしである。

 

僕は、マレーシアのペナンからランカウイ島へ行く時に乗った、胃液を戻しまくった高速フェリーの事を思い出していた。

あの時も妖精の様な女性に、夢うつつになり、その後激しく気持ち悪くなった。

(美しい女性に会った後に、

 乗り物酔いするのが僕の旅の

 デフォルトなのかしら?)

 

と思いながら、僕の頭は右へ左へ揺れ動く。

 

(昨日、熱中症で気絶しそうになったから

 車で安全に行こうと思ったハズだが…)

 

と思いながら、僕は昨日と同じくらい気持ち悪くなっていた。気絶寸前の僕は、激しく頭を左右に振られながら、

 

(何でもいいから早よ着いてや…。)

 

と気を失わない様に、必死に現世と鉄棒に掴まっていた。。

 

 

つづ…

 

 

f:id:matatabihaiyuu:20221119094012j:image
f:id:matatabihaiyuu:20221119094018j:image

f:id:matatabihaiyuu:20221119094720j:image


↑  色々なソンテオ達

    (後ろがドアも無く開いていて

       そこから荷台に乗り込む)

 

f:id:matatabihaiyuu:20221119094846j:image
↑  ドイステープ

 (果たして辿り着けるのか…)