猫好き俳優 東正実の またたび☆

俳優 東正実の東南アジア旅

旅人に 澱のような雨が降る

 


 Dear  ...

 

お元気にしておりますでしょうか?

今、私はハノイの安宿で雨を眺めています。

 

ここハノイに来てから、珍しく雨が降り、昨日から 降ったりやんだりしています。

それは まるで僕の心に降っている様で、僕は宿のベッドでダラダラと過ごし、外にもほとんど出ていません。。

 

何故か、あれほど熱く求めていた人との触れ合いも 億劫になり、あまり人にも会いたく無くなっています。

以前、ホーチミンで紹介されていた、ハノイのインプロ団体にも全く連絡を取っていないし、今後も連絡をする事も無さそうです。

 

何故なのかはわかりませんが、この外界からほとんど隔絶された部屋で僕は、寝れるだけ寝て、やがてもう寝ることが出来なくなると、外に出て、飯を食べ、酒をガブカブと飲み、気絶をするように、またベッドに寝転がります。

 

そして、やがて目が覚めた僕は、人目を避ける様に、深夜のハノイを 拒絶の塊の様に 身を硬くして歩くのです。

 

思えばこの一ヶ月、刺激と出会いをひたすらに求め「自由」というものの恐怖から、逃げ回っていたような気がします。

 

そう、今僕が逃げるように、そして、強ばりながら闘っているものは、正に「自由」というものなのです。

期限も、目的もない旅人に訪れる試練なのでしょうか?

 

朝起きて、

「今日は何をしよう?」と考えたり

 

1日の終わりに

「明日は何をしよう?」

 

と考える事に疲れてしまったのかもしれません…

 

思えば、37年生きてきた僕は、こんなに長く

「本当に自由である事」を経験したことがありませんでした。

 

俳優として、走り続けてきた僕は、本当に何もない事が耐えられない性分のせいか、そしてまた、もち前の明るさや、人懐っこさで、不思議な程の縁に恵まれ、

この1ヶ月間を、まるで ジェットコースターに乗ったように過ごしてきました。

 

イベントは勝手に向こうからやって来て、そして無ければ イベントを自分で用意する。。

そんな事をこの1ヶ月、ずっとやって来たような気がします。

 

それは僕の

 

 旅の一日一日に

 何か意味を持たせなければいけない。

 

という無意識の強迫観念から来ていたのかもしれません。

 

一度身体を壊し、部屋にずっといた事も一因でしょう。

せっかく行った 隣町のフーリーで、特に何もせずに帰って来た僕は、宿に帰った後から、急に何もかもが億劫になり、部屋に篭るようになりました。

 

この外界から隔絶された部屋も、原因の一因なのでしょうが、僕にはもはや、宿を変えるエネルギーさえ無くなっているのです。

 

よく、アジアなどの旅先の街で、旅人がその街から 動けなくなってしまう事 

「沈没」 と言うらしいのですが、

 

 このまま僕も沈没してしまうのではないか?

 

という恐怖と、

 

 もう、どうでもいいな。。

 

と 同時に思う自分がいるのです。

 

 

思えば、僕の旅の憧れの一因になっていたものは、「深夜特急」を読む、数年前にもあった事に 昨日考えつきました。

 

それは、鴻上尚史さんの戯曲

スナフキンの手紙」だったのです。

 

大学生の時に、この戯曲に不思議と魅せられた僕は、演劇部で、初めて「演出・主演」というものに挑戦しました。

 

この「岸田國士戯曲賞」を受賞した本では、シルクロードを、一冊の大学ノートが旅をする話が出てきます。

日本から来た旅人達が 様々な思いを書き綴った そのノートが、旅人から また旅人へと受け渡されていき、シルクロードを今も旅している。

 

それは いつの間にか人々に

スナフキンの手紙」と呼ばれるようになる。

 

そこには、前向きな言葉もあれば、

旅人の、悲痛な叫びや、旅への疲れ、沈没してしまった、もう生きているのかもわからない旅人たちの「声」が、書き綴られ、今もその「声」と共にノートは、シルクロードを旅している。

 

僕は昨日、急にそのノートの事を思い出し、

その手紙の事を考えていたのです。

 

今、知り合いもなく、このハノイの街で ただ存在しているだけの自分の「声」を遺しておこうと、この手紙を書いています。

 

この手紙を誰に出すのか?

それともそれすらも億劫になり、誰にも出さずに捨ててしまうのか?

 

それすらもわからず この手紙を書いています。

 

もし、この手紙があなたの元に届いているなら、その時僕はどうしているのでしょうか。

 

笑い話として、

「あの時は、少しおセンチだったみたいだね」

とでも言っているのでしょうか?

 

それともこの手紙と共に、僕の「声」も、僕自身も アジアの中に埋もれて…

旅の海の底に沈んでしまっていて、誰にも読まれる事などなく、何も無かった事になっているのでしょうか?

 

本当はもう、どうでも良くなって来ているのですが、希望は捨てません。

 

明日、万が一 僕に気力が戻っていたなら、

すぐにでも旅立つつもりです。

 

そう願いながら僕は、これからまたアルコールを身体に入れ、ベッドに潜り込むはずです。

 

追伸

 あめは…  

 雨だけは 不思議とやんだようです

 


 . JUNE  .2017

MASAMI  AZUMA

 

f:id:matatabihaiyuu:20211221103025j:image

 

 

次話

azumamasami.hatenablog.com