猫好き俳優 東正実の またたび☆

俳優 東正実の東南アジア旅

アンコール・ワットには "思い" を置いてくる。

 

参道を抜けた僕は、ついにアンコール・ワットの、内部に足を踏み入れる。

 

この遺跡は今までの遺跡とは、規模が違う!

とてつもなく巨大で、しっかりした建物 である!

今まで遺跡は 内部を見るものではなく、廃墟化していたりと、外観をメインに見るものだったのに対し、

アンコール・ワットは 初めて " 建物の内部 "を見るタイプの、唯一の遺跡だった。

それほど建物がしっかりとしていて巨大なのだ。

アンコール・ワットの内部に入ると、中はかなり広かった。各場所には、いくつも仏像が安置されており、お坊様が何人もいて、ここは遺跡の総本山だが、仏教国である カンボジアの方達の、最高峰の信仰の場所でもあり、心の拠り所でもあるのだろうと感じた。

「ワット」は「お寺」の意味であると聞いていたので、

 "アンコール寺院 " であるはずだ。

日本で言えば、東大寺か、高野山や、お伊勢さま、靖国神社の様なものなのだろうと思う。

観光地であると同時に、人々の信仰の心の拠り所でもあるはずだ。

遺跡というよりは、歴史ある、現役の寺院でもあるように思う。

僕が今まで見てきたアンコール・ワットの画像は、建物と景色を捉えたものばかりだったので、僕はこの事実を初めて知り、かなり意外だった。

実は内部こそが、アンコール・ワットそのものなのだ。まるで日本の荘厳なお寺さんに入ったかのような、不思議な感覚に僕はなった。

この遺跡周りで初めて感じる感覚である。

内部に入って、いくつかの仏様にお参りしている間に、雷の音が聞こえだし、雷鳴の音と共に、カンボジアに来てから 一番とも言えるほどの雨が一気に降り出した。

豪雨。というのがぴったりのスコールである。

そして この雨は延々と降り続く。。

仕方がないので、雨に濡れない内部を移動していくと、急に降られたのか、びしょ濡れの人たちも回廊の中で雨宿りをしている。

皆、雨が止むまでじっとしている。

僕も壁にもたれ、しばらくじっとしている事にした。

眺めている雨は、一向に降り止まない。。

皆、じーっと、思い思いの場所で、思い思いの時間を過ごしている。ある人は座り、ある人は立ったまま、ある人は壁にもたれて。

それは不思議な光景だった。

回廊の中はかなり薄暗く、人々のシルエットを映し出し、雨が石を激しく打つ音だけが響く。

誰も声を発しない。

まるで皆が、この寺院で、それぞれが急に 瞑想を始めたかの様な光景で、まるで 敬虔な仏教徒たちが集まっているかのような…

そんな不思議な空間である。

雨のおかげで、ここは観光地から、急に神聖な信仰の場になったのだ。

 

それから30分以上 雨は激しく降り続けた。

 

小雨になったかな? というあたりで皆動き始める。僕も回廊内部を周り、その後 第一回廊から、傘をさして中庭に出て、さらに内部の第二回廊へ入る。第二回廊の中を回っている内に、また雨が激しくなる。。

完全な足止めだ。

僕は笑っていた。

アンコール・ワットには、

 やはり 僕は向いてないのかね? 笑」  と。

また小降りになったところで、また外に出て、一番の中心部である最後の第三回廊へむかう。そこに入れる、唯一の入り口を探して、ぐるりと回ってみると、北東の場所に入り口への階段があった。だが、雨で滑って危険なので、回廊への階段が 通行止めにされていた。

大きな雨除けのパラソルの下で、スタッフが観光客達に、

「今は 入れない!」と大きな声で説明している。

見上げてみると、かなり急な階段だ。

雨の中、皆傘をさして並んでいる。

どうやら順番待ちをして並ばなければ、入れないようだ。

 

僕はラーメンでも、並ぶのが好きではないので

(この雨の中並ぶなら もう良いか。。)

と、アンコールワット周りはここまでにした。

 

 " 縁がない時 " というものは確かにある。

旅をする間に、より僕は、

「縁がある、縁がない」とか、

「まぁ、今はその時ではないのだな」と、

諦めではなく、スッと納得できる様になっていた。

旅には流れというか、確実に " 時期 " というものがあるのだ。

今回縁がなかったということは、また来る機会を与えて貰ったのだと思えば良い。

実際僕は、今でもカンボジアにまた行きたいと思っている。

それは「また来なさい」と 

その土地にまたの機会を貰っているからだと思う。

確実に " 思い " が残っている土地には、きっと、何十年後かはわからないが、また訪れる事があるのだろう。

 

そんな僕は、回廊を第二、第一と戻り、参道へと戻った。不思議なもので、参道に出ると雨はすっかり上がっていた。

(お〜い! アンコール・ワットぉぉお! 笑)

と、もう笑うしかない。

 

激しく降った雨の影響か、参道にはさっきいた少年も、他の商売をしていた人たちも居なくなっていた。

お堀に出ると プカプカ橋は、豪雨のせいで滑りやすくなっていて、転んでいる人もいた。

この仮設の橋は、カラの大きな四角い 空気入りのプラスチックを繋げて浮かべてある簡易の橋で、

まるで、赤壁の戦い龐統曹操に進言した

「連環の計」の様な橋である。

プカプカしていて、滑りやすい。

 実際僕は、ここでの観光がスベッた… 

よくよく考えると、ここがアンコール・ワットへの最初の入り口である。

その「正面の橋」が工事中だった事、横の仮設のプラスチック橋を渡らなければいけなかった所から、ケチがつき始めていたのだった。

「ちゃんとした アンコール・ワットでは無かったのだ!

   よし! またいつか来よう!!

と決意した僕は、ジェイクのトゥクトゥクを探し出し「もういいのかい?」と聞く彼に大きく頷き、宿へと帰る事にした。

ジェイクはこの後、僕と飲みに行く事になっているので上機嫌だ。

この遺跡の旅は、彼と一緒に遺跡を周ったり、びしょ濡れにしてしまって コーヒーを奢ったり、謎の遺跡が「ある 無い」で、言い争いをしたりと、ジェイクとの思い出も多い。

彼とは、近しい友人の様に 仲良くなっていた。

 

事実、そんな彼は "遠慮" と言うものをどこかに忘れてきたのか、

帰りの道中で、雨が降り始めると、車を止め、

「ヘイ! マサミ。キミの持ってる

 例の便利な傘を貸してくれ!」

と、僕の折り畳み傘を強引に借りて、傘をさしながらバイクを運転し出した。

傘をさしながら バイクを運転というのも、客席でバイクが安定している トゥクトゥクならではことだが、、初めて見る光景である。

風が結構あるので、僕は日本から持ってきて 大活躍の折りたたみ傘が壊れやしないか、ヒヤヒヤしていた。

貸すときに

「壊すなよ、マ・ジ・で! 壊すなよ!!」

と念を押してしまった事も、

「押すなよ 押すなよ」的なフリに思えてきていた。

 

とにかく傘が心配な僕は、そのお陰で 遺跡周りの余韻を楽しむ余裕もなく、宿へと帰っていったのだった。

 

続く

 


f:id:matatabihaiyuu:20210925225447j:image
f:id:matatabihaiyuu:20210925225444j:image

↑ いざアンコール・ワット内部へ


f:id:matatabihaiyuu:20210925224950j:image
f:id:matatabihaiyuu:20210925225346j:image
f:id:matatabihaiyuu:20210925224817j:image

↑ 激しい雨が降り続ける。。


f:id:matatabihaiyuu:20210925225424j:image
f:id:matatabihaiyuu:20210925225323j:image

↑ 遺跡中央の高台にある 第三回廊

     他の入り口は全て登れない。。

     入り口階段は一つしかない。


f:id:matatabihaiyuu:20210925224741j:image
f:id:matatabihaiyuu:20210925225400j:image
f:id:matatabihaiyuu:20210925224904j:image

↑ 雨を避け回廊を移動


f:id:matatabihaiyuu:20210925225037j:image

↑ 回廊と雨宿りする人


f:id:matatabihaiyuu:20210925225118j:image

↑ ついに辿り着いた

     第三回廊への唯一の入り口

     だが、雨の為通行止めである。


f:id:matatabihaiyuu:20210925225255j:image
f:id:matatabihaiyuu:20210925224750j:image
f:id:matatabihaiyuu:20210925224849j:image

↑ 雨の中 なんとか周る
f:id:matatabihaiyuu:20210925224918j:image
f:id:matatabihaiyuu:20210925225057j:image
f:id:matatabihaiyuu:20210925225017j:image

↑ 少し雨が止んだ アンコール・ワット内部