猫好き俳優 東正実の またたび☆

俳優 東正実の東南アジア旅

一路?プノンペンへ。

 

ついに国境を越え、カンボジアに入った。

カンボジアの道をバスはひたすら走る。

 

道の横には建物や民家はあるが、空き地も多く、建物の奥にも空き地や畑が多い。田舎道だ 。

アスファルトなのは、僕たちが走っている国道だけで、一本横や 交差点で脇に入った道は、ほとんどが乾いた赤土の道路である。

 

しばらく行くと、平屋の大きな建物が奥にあり、その前の 乾いた土の駐車場にバスは止まった。他にもバスが止まっている。

建物は食堂になっていて、どうやらここで食事休憩を取るようだ。

 

バスを降りるが、何時に戻ってこいとは言われない。。

皆、最初は戸惑っていたが、食堂に入る者、隣の小さなストアで買い物をし バスの座席に戻る者と別れた。

僕がとりあえずトイレに行って戻ってくると、さっき降りるのを見た、僕のバスの運転手が、席で昼食を食べ始めていた。

彼が出ない限り、物理的にバスは動かないはずだ。僕は 近くの席で、彼を見張りながら 食事を取る事にした。このバス会社の調子だと、油断していると うっかり置いていかれても 不思議では無い。。自分の身は自分で守らなければならない。(一体どんなバスツアーだ 笑)

 

先払いのシステムで、スープ付きのチャーハンのようなものを頼んだ。

国境付近の為か、何故かベトナムドンが使えたので、余っていたベトナムドンを使う事にした。

食事はベトナムより少し安かったが、味はあんまりだった。

 

ひとつ驚いたことがある、カンボジアに来たのだと 実感させられた事だ。

それは、食事を終えて、まだ運転手が席にいることを確認しながら、缶コーヒーでも買おうと

隣のストアに行った時、

干してあるのか、売っているのかわからないが、店先に、直径1メートルほどの皿の上に、昆虫が山盛りで置いてあったことだ。

多分油で揚げたであろうそれは3種類あり、コオロギらしきものと、黒い黄金虫と、僕にはどう見ても、ゴキブリにしか見えないものが、山盛りで置いてある。。

 これ。。?本当に食べるの??

と僕は少し気持ち悪くなったが、日本でもイナゴを食べるのだから、不思議は無い と思い直した。

だが。。一種類は確実にゴキブリにしか見えない。。何度見ても、見れば見るほど「G」である。

僕も 他の観光客と同じく写真を撮ったが、少し考えて、、やはり気持ち悪いので、珍しく写真をすぐに削除した。

 

バスの運転手は、まだゆったりと席にいる。

ここは、子犬や、猫がおり、鶏まで走り回っている。

静かで、何か平和だ。。

大きな建物は周りになく、空が向こうによく見える。

 

僕は再び運転手の近くに座り、道の向かいに見えるカンボジアの大地と、空を見ながら、缶コーヒーをのんでいた。

 

ここでふっと気づいたのだが、、

パスポートを返して貰っていない。。

 

僕は、あれ??っと思った。

スタッフ忘れているんじゃ無い??と。

 

普通、国境を越えたら、すぐ返してくれるのが当たり前では無いか?

 

また不安になった僕は、席に戻ったら 隣の白人さんに相談してみようと思い。

運転手が、戻ったタイミングで、そそくさとバスに戻った。

 

バスに戻ると、皆不安なのか、すでに全員が席に戻っていた。

 

僕が席に着くと、添乗員が 数を数えるでもなく、目視で後部座席までざっと見て、運転手と話し、バスは再び走り出した。

隣の白人さんに、

「パスポートは、返してもらった?」

と聞くと

「いや、まだだ。。けど、大丈夫だろ?

 気にしない 気にしない。」

と力強く励ましてくれた。

 

そのとおりで、しばらく走ると添乗員が、パスポートを乗客に返し始めた。

僕もそうだが、外国人の顔は、区別がつきにくい。。だが、スタッフは、ひょいひょいとパスポートを返していく。

(凄いなぁ、さすが慣れているなぁ。)

と思っていたが、何のことはない、自分にわかるようにパスポートを列の順番で重ねておき、その順番通りに返しているだけのようだ。

その為、たまに隣の人と間違えて渡すが、

本人達が気づいて「これあなたのじゃない?」

と渡したり、勝手に交換するので、問題は無いようだ 笑

僕は唯一の日本人のためか、間違えずちゃんと本人に渡してくれた。

 

もう一つ気付いたのだが、一人乗客が増えていた。

立派なアゴ髭とはやした、中東によくいそうな男性だった。

添乗員の横に座り、親しげに話をしている。

 

どうやら、客ではなく 添乗員の友達のようだ。このバスに ついでに乗せてあげているのだ。

 

このシステムは不思議なもので、彼が1時間後に降りて行った後、しばらくして、また1人乗り込んできた。

そして彼らは降りたい所で降りていく。

 

やがてバスはプノンペン市内に入った。

さすがに首都プノンペンである。

街並みが一変し、建物だらけになる。そして道は、アスファルトの舗装された道路だけになる。

間違いなくここは大都会だ。

 

このバスには観光客だけではなく、ホーチミンからカンボジアに帰る人もいて、何人かは、信号待ちの間に、途中でバスを降りて行った。

 

Googleマップを見ると、僕の宿の近くに近づいていたので降りたかったが、バスの下に荷物を預けていたので、到着まで座っていることにした。

それから数分後に バスは無事、プノンペンのバス停に到着した。

 

Googleマップを見ると、宿からは2キロほど離れていたが、歩けない距離ではない。

隣の白人さんに、軽く挨拶をして別れた。

もちろん「Good Luck ! 」である。

 

まずは お金を下ろそうと、道を挟んだ目の前の中国語の銀行に向かう。

 

やはりカンボジアもバイクだらけだ。。

カンボジアも右車線である、左を見て、右を見て渡る。 もう右車線には慣れ切っていた。

だが、細心の注意を払って渡る。

国が違えば、運転も違う。

慣れるまでは、特に注意が必要だ。

完全に安全な歩道でなければ、携帯を見るのも控えることにする。

 

初めて、中国系の銀行のATMを利用してみる。

立派な銀行の中に入り、ATMでいつも通り英語で何となく進み

「WITH DRAWAL」を押し、何ドル下ろすか?という画面に

100と打ち込み、100$分のカンボジア通貨を下ろす。

すると国境で両替した、カンボジアリアルではなく。

「100ドル札」が1枚 ピン札で出て来た。

 

 やはりな。。そいうことか。

 

と僕はべつに カンボジアリエルが出て来ない事に驚きはしなかった。

 

クレジットカードでお金を下ろすというのは、要はクレジットカードのお金で、その国の通貨を、その時のレートに近く ”買う ”ということである。

お金が出てくるので、下ろしているように感じるが、実はクレジットカードの枠で、

通貨を買っているのだ。

なので、その国の通貨が出て来ないといけない。

つまり、ドルが出て来たと言う事は、

この国の"通貨"は 米ドルと言う事なのだ。

 

実は 国境を越えてすぐの食堂も、隣のストアも、米ドルでの表示があり、ドルで支払いが出来たのだ。

その時に、

(米ドルが そのまま使えるのではないか?)

と思っていたし、カンボジアのバス会社であろう、ツアーバスのビザ取得代が、米ドルありきだったこともヒントになっていた。

 

だが、明細を見て、僕は止まった。。

 

なんと!手数料が6ドルも取られていたのだ。。普通、1ドルとか、2ドルで、下ろせたのだが、ここに来て650円ほど取られた。。

一晩の宿代と同じである!!

(今回予約したドミトリー宿は

 一晩の値段が、6ドルであった!)

 

「たっか!!ナニコレ??」

と僕は この銀行が大嫌いになった。。

 

「中国系の銀行! 二度と使わない!!」

僕はこの旅で、久しぶりに腹が立っていた!

 

ぷりぷりしながら僕は、飲み物を買うついでに、ピン札の100$札を崩そうと、コンビニに向かっていた。

 

続く

 

f:id:matatabihaiyuu:20210329234917j:image

カンボジアでの初めての食事


f:id:matatabihaiyuu:20210329234921j:image

↑ そこらを歩き回る鶏