猫好き俳優 東正実の またたび☆

俳優 東正実の東南アジア旅

貴方が落としたのは "綺麗なジャイアン"

 

なんだかんだで、あっという間に2時間半が過ぎ、遅れてきたユンさんと一緒に稽古場へ向かった。

 

稽古場は、カフェから10分ほどの所にあり、2階が稽古場で、一階には大家さんが住んでいると事だった。

一緒に大家のお婆さんに挨拶をして、2階の稽古場に向かう。

大家さんは人の良さそうな笑顔の柔らかい方だった。

 

2階に上がると、若い俳優さんが数人いた。

女性が一人に、男性が3人だ。

ユンさんがいうには、今日は主宰の女性は、丁度アメリカにインプロを勉強しに行っているとの事だった。

 

彼らと英語で挨拶をする。

皆カタコトであるが、通じる。

 

柔軟体操などのアップを一緒にやり。

とりあえず稽古を見させてもらう、面白い。

そういえば、外国の方の稽古場にいるのは、初めての経験だった。

 

ユンさんに、ベトナム演劇の問題点だと話していた 腹筋と発声の基礎的な訓練を教えてほしいと言われた。

僕は、尊敬する文学座の女優さんで、朗読も教えて頂いた方がいるのだが、

その女優さんは とにかく声が通る。その女優さんの発声訓練法を僕も良くやるので、それを教えた。

僕の号令で皆仰向けに寝る。

そこから両足の踵を十センチだけ上げて、声を出し、発声練習をする。

僕は慣れているので、普通にやっていたが、皆踵をあげてはすぐ「んっ、無理!」とか、「んん。。どぅハっ!!」と足を下げてしまう。

そして皆に「出来ない」と言われた。

 うーむ、基本的な身体訓練といゆうか…

 筋肉が無いようだ。。

僕は、これを 少しづつでもやれるようになれば、

「声を大きく出したり、

 呼吸をコントロール出来る」と、

踵をあげた腹筋の姿勢のまま、皆に伝えた。

すると どうやらこの一件で僕は

「すごいちゃんとした俳優だ!」と思われたのか、皆の態度が変わった 笑

 

続いてインプロ(即興劇)の基礎稽古を一つ教えてほしいと言われ、

”スピット・ファイヤー” という基本の訓練を教えた。

これは、二人一組になり、

片方が お題から(例えば ”入学式”)

 

 昨日、大学の入学式だったんですが…

 

などと ストーリー を自分の体験として語り始め、

程よい所で相手が何か「言葉 」を投げ入れる。(例えば ”ハンバーガー”)

 

 急にハンバーガが食べたくなって、

 校庭から駅にUターンして。。

 さらに食べたくなって、走りだしたんです…

 

とその言葉をちゃんとストーリーに使ったところで、

また次の言葉を投げ入れる

(ストーリーとあまり関係ない言葉が良い

 例えば ”ウルトラマン”)

 

 そこにウルトラマンが空から降りてきて、

 何を言うかと思ったら、

 「ジュワッ! そんなに急いでいるなら

  私の背中に乗りなさい」

 と言い出して…

 

などと続けていき、二分計っておいて

「ラスト~!」の掛け声で最後の言葉(ワード)を貰い、

語り手側は、そのストーリーを その言葉も使い、まとめて一つのストーリーにする。

 

という、物凄く頭の瞬発力を使う訓練である。

考える前に、とにかく言われた言葉(ワード)を使って どんどんストーリーを展開させなくては訓練にならない。

失敗を恐れずにドンドン進む訓練である。

 

やはり、初めて行うベトナムの俳優たちは 安全に ゆっくり考えて、言葉を投げ入れられても、じっくり考えてから話し出したり、中には止まってしまう者もいる。

僕は英語で

 モア クイックリー!! クイック クイック!

 アドバンス  アドバンス!!

と檄を飛ばして 夢中で指導している内につい…

 

 ドント シンク!!ノット ストップ。

 Don`t think! ヘイ!ドントシンク!!

 

 Don`t think !! フィール!

 Don`t think! フィール!!   Feel! 

 

 あれ?!?!

 

となんと、 一生口にすることは事は無いであろう思っていた「燃えよドラゴン」の

ブルース・リー” のセリフを真顔で連呼していた。。

 

そのことに気付いた僕は、少し笑ってしまっていたが、皆には 何故、この日本の俳優が笑っているかは分からなかったようだ 笑

 

稽古は和やかに 笑いも交えて進み、二時間ほどで終了した。

皆、基礎稽古が新鮮だったようで

「是非来週の稽古にも来てくれ」と言われたが、来週にはベトナムにはいない事を伝え

「きっとまたベトナムに戻ってくるので」

と話して、皆と握手をして別れた。

 

さて、帰りであるが男性俳優のティン君が バイクで宿まで送ってくれることになった。

ユンさんにお礼を言い、ティン君のバイクに乗り、夜のバイクの海へと走り出した。バイクで信号で止まるたびに、片言英語同士で話をする。

日本では 何年役者をやっているのかとか、次はどこの国に行くのかなど。

彼はメンバーの中でも芝居心があり、普通に「いい役者さんだなぁ」と思っていたので興味があり、話は尽きなかった。

 

しばらく走ると、やがてティン君が不思議な事を訊ねてきた。

 マサミ 「ドラえもん」を知っているか?と…

もちろん僕は イエス!と答えた。すると今度は

 じゃあ「ジャイアン」を知っているか? と

もちろん僕は イエス! と答える。

 

(彼は一体何を聞きたいのだろうか。。

 日本人で「ジャイアン」を知らなかったら、

 もう日本人のモグリである。。

 それとも僕が日本人だと

 伝わっていなかったのだろうか…

 そういえばこないだ

 インドネシア人に間違えられた。。)

 

などと 頭の中で色々考えていると、彼が衝撃の事実を教えてくれた

 

 実はぼくはベトナム版の

 ジャイアンの声優なんだ。

 

  !?!?!?!

 

僕は思考が停止した。

 えええ!?何言ってんのこの人? と。

 

よく聞くと もう二年程ジャイアンに 声を当てているという。

 えええ?! マジで?!

 俺よりちゃんと食えてる俳優さんじゃん?!

と知り、偉そうにブルース・リーになっていた

稽古場の自分が 恥ずかしくなった 笑

 

彼は、その後「お腹がすかない?」と聞いてくれ、自分の行きつけの美味しい屋台のお店に連れて行ってくれ、食事をご馳走してくれた。

そこで、

 自分の家には結構外国や

 国内の友人が遊びに来るので、

 次にベトナムに来たときは、

 何日でも 好きなだけ

 僕の家に無料で泊まって良いよ。

と嬉しい申し出をしてくれ、Gmailを交換した。

次にまた道中に「のどが乾かないか?」

とサトウキビのジュース屋さんに連れて行ってくれ、サトウキビジュースを飲ませてくれた。

このサトウキビ屋さんといううのは、サトウキビを 電動式の丸い2つの鉄のローラーの間に、何度も なんども 挟んでくぐらせて 絞って出したジュースを売っている。

そのサトウキビ絞り機は

キン肉マン」の悪魔超人

ザ・サンシャイン” の 地獄のローラー を彷彿とさせる。

 

しかしティン君は、本当に 友人としてもてなしてくれる、優しい いい男である。

ジャイアンの優しさだけを抽出したような。。

それとも僕は旅の途中なので「大長編ドラえもん」のさ中なので、いいジャイアンなのか? 笑

 

こんなことを思われているとも知らずに 彼はニコニコしている。

 

極めつけは、どこかに電話をかけ しばらく話していたのだが…

「この電話に出て欲しい」と言われ 電話を替わったところ

電話からは 若い可愛らしい 女性の日本語が聞こえてきた。

 

 あ、マサミさんデスか?

 ワタシはティン君のトモダチです。

 ティン君が先ほど お伝えシた。

 ティン君の家に

「イツデモ泊まりにキテいい」という件が、

 チャンと伝わっているか、

 心配してイて、ソレを私に

 "日本語デ確認して欲シイ" という事デシタ。

 マサミさんが分かっていてくれて良かっタ。

 

と、カタコト同士だったので心配になり、わざわざ日本語が喋れる友人に頼んで、その事を改めて伝えてくれた彼に感動してしまった。

もうここまで来ると、間違いなく彼は 

  綺麗なジャイアン

僕はもう彼の大ファンになっていた。

 

やがて宿まで送り届けてくれた彼に、僕は彼の親切にとても感動した事を伝え、お礼を言って、ギュッとハグをした後、記念撮影をして別れた。

 

去り際に何回か手を振って バイクで遠ざかっていく彼を

僕も手を振り、見えなくなるまで見送っていた。

 

 凄い濃い稽古だった。。

 

続く

 

f:id:matatabihaiyuu:20210313174709j:image

↑ カフェの近くで見た仔犬さん。


f:id:matatabihaiyuu:20210313174715j:image

↑ ティン君と宿の前で(撮影者 ジョン)