猫好き俳優 東正実の またたび☆

俳優 東正実の東南アジア旅

カンボジア プノンペン編

遂に遺跡の街 シェムリアップに到着

第74話 遂に遺跡の街 シェムリアップに到着 飛行機は順調に飛び、まだ明るい内に、シェムリアップの上空に達していた。 飛行機の中で、通路側の席から地上が見れないか?と思って試行錯誤してみたが、無理だった 笑 もう、睨めっこで笑ってしまった時点で…

窓とTシャツと私

第73話 窓とTシャツと私 アンコールワットに行くと人生観が変わるよ。 なんでって? ふふふ 行ってみればわかるよ? と、旅行好きの大学生に 言われた訳ではないが、僕はワクワクしていた。 そんな僕が、搭乗手続きをしに行くと なんと! 飛行機が遅れてい…

さらば首都! こんにちは吉野家。

第72話 さらば首都! こんにちは吉野家。 昨日は、結局結構遅くまで呑んでしまった。。 が、朝は8時頃、スッキリと起きれた。 旅立ちの朝は不思議だ。 どんなに夜更かしをしていても、スッと目が覚める。早速ベッドのカーテンを開け、昨日出来なかった荷…

僕が見たプノンペン

第71話 僕が見たプノンペン 言わずと知れたカンボジアの首都。 それがプノンペンである。 ここは、カンボジアが誇る大都会だ。 川沿いは綺麗にプロムナードに整備されているし、川沿いの道路も広くて綺麗で気持ちいい。 大きなカジノ、AEON、セントラルマ…

プノンペンのギフト

第70話 プノンペンのギフト AEONの入り口から見るスコールは、さらに激しくなり、数メール先も見えなくなってきていた。。 どこからともなく、雨に強い、一体型のオート三輪のトゥクトゥクがやってきて、客待ちを始めた。必要な時にさっと出てきて、商機を…

漢のサンドイッチ!!

第69話 漢のサンドイッチ!! プノンペンに、あまりいないはずの日本人に 何故かよく出会う僕は、声をかけてくれた気の良さそうな日本の方と話をした。 彼は、カンボジアに数年住んでいて、日本語学校の先生をやっているという。 名前は「藤原さん」と言っ…

僕は 自転車を装備し「ワットプノン」へ

第68話 僕は 自転車を装備し「ワットプノン」へ パブストリートのトンレサップ川側に、プロレスラーの様な体躯の店主のいる 貸し自転車屋さんがあった。 実は前に マラッカで自転車を借りようとした時に、パスポートを預けなければならず、 (自転車借りる…

猫好き俳優のぶらり街歩き

第67話 猫好き俳優のぶらり街歩き 今日は北へと足を運んでみようと決めていた僕は、宿を出ると、目の前の道を 左に折れて歩き出した。 目の前の国立博物館の壁沿いに北上していく。 昨日 Googleマップ先生を見たところ、 「セントラルマーケット」と言うバ…

プノンペンの朝

第66話 プノンペンの朝 朝起きると、やはり昨日飲みすぎたのか、少し頭が痛い。。 コーヒーでも飲んでシャキッとしようと、ベッドのカーテンを開けた。 昨夜は遅めに寝た僕だが、意外と早く起きてしまったようだ。 時間を見ると、まだ8時過ぎだ。 ベッド…

2軒目はイタリアン

第65話 2軒目はイタリアン パブストリートの、さっき通らなかった区画の道に入り、少し川沿いに戻ると… こじんまりとした "イタリアン" の店があった。 「街のイタリアン」といった外観で、縦長の店内で、プノンペンでは 見かけたことの無いタイプのオシ…

プノンペンという街

第64話 プノンペンという街 フロントに降りて、オーナーに色々話を聞く。 日本人から得られる情報は貴重である。 日本語で相談できる人がいるのは 本当に心強い。 結構物騒な話をしてもらった。 カンボジアでは、強盗に遭っても決して逆らわない方がいいと…

仕掛けてくるカンボジア

第63話 仕掛けてくるカンボジア 中国の銀行に、手数料で "一日分の宿代" を取られた僕は、静かに怒りをたたえながら、飲み物を買う為にコンビニに向かっていた。。 コンビニに入ると やはり涼しい!! やはりカンボジアも くそ暑い。。実は バスから降りた…

一路?プノンペンへ。

第62話 一路?プノンペンへ。 ついに国境を越え、カンボジアに入った。 カンボジアの道をバスはひたすら走る。 道の横には建物や民家はあるが、空き地も多く、建物の奥にも空き地や畑が多い。田舎道だ 。 アスファルトなのは、僕たちが走っている国道だけ…

国境を越えた日

第61話 国境を越えた日 ツアーバスは順調にベトナムの道を進んでいく。。 ホーチミンという大都会を出たせいか、渋滞とは無縁になっていた。 車内の一本目の映画の終盤で、添乗員がパスポートと、ビザ申請代の徴収を始めた。 ビザに貼るであろう、証明写真…